出会い系 マッチングアプリ

 

SNSを除くネット出会いは、基本的に「ウェブサイト」か「スマホアプリ」を介して行います。

 

もちろんSNSなどでも出会えますが、twitterなどはかなり警察にマークされています。
実際に「もっとも犯罪が多かったサイト」の一位に輝いているのはtwitterですし、出会うのも大変なので、基本的には割に合いません。

 

そう考えると、多くの人は「出会うためのサイト」または「出会うためのアプリ」にたどり着きます。そこでは、自分だけではなく相手まで「出会いたい」と思っていますので、非常に効率的な出会いが期待できるのです。

 

ただ、この「出会うサイト」「出会うアプリ」、名前が一定ではなく、混乱します。

 

一例を挙げると、出会い系サイト、マッチングアプリ、マッチングサイト、婚活サイト、恋活サイト、出会いアプリなどなど。

 

このように、出会いのツールは様々な名前で呼ばれており、しかも少しずつニュアンス(意味)が異なるので初心者の方にとっては特にややこしいのです。

 

というわけで本日は、ネット出会いのツールである「出会うためのサイト」「出会うためのアプリ」の各呼称のもつニュアンスについてお話していきたいと思います。

 

(※ どこかの業界団体がきちんと定義している言葉ではありませんので、あくまで当サイト管理人の個人的見解です)

 

出会い系とは?

最初に、もっとも一般的な名前であると思われる、「出会い系」についてです。

 

出会い系は、大きく分けて「広い意味」と「狭い意味」の二つを持っています。

 

まず、広い意味についてですが、広い意味での出会い系という言葉は「ネット出会い全て」について指していることが多いです。

 

ウェブサイトもアプリも関係なく、SNS以外の出会いツールすべてを出会い系といっています。

 

この場合には、婚活サイトも恋活サイトも含みます。特に女性は「出会い系じゃなくて婚活サイト」「出会い系じゃなくてマッチングサイト」などと言いたがりますが、実際には世間からすれば「出会い系で出会った」と言われてしまうことも多いです。

 

次に、狭い意味の「出会い系」についてお話します。

 

狭い意味での「出会い系」という言葉は、「ポイント制の出会い系サイトやアプリ」を指す場合が多いです。

 

つまり、ハッピーメールやワクワクメール、PCマックスなどの、事前にポイントを購入してそれを消費して異性とメールするタイプの、昔ながらの出会い系サイトやそのアプリを指します。

 

この使われ方の場合には、ペアーズやマッチドットコム、ラブサーチなどの月額定額制のサイト・アプリは入りません。

 

出会い系サイトとは?

次に「出会い系サイト」について書いていきましょう。

 

出会い系サイトは、ほぼ「出会い系」と近いのですが、アプリを含む場合と含まない場合があります。

 

多くの場合にはアプリ版も含み、広い意味の出会い系のことを指しますが、アプリを除くという意味で使われることもあります。

 

基本的には、上述の「出会い系」と同じだと思っておけば間違いはありません。

 

マッチングアプリとは?

次に、マッチングアプリについてです。これは、かなり解釈が分かれる言葉だと思います。狭い意味から広い意味まで、3パターンくらいの使われ方をします。

 

一番狭い意味でいえば、出会うためのアプリである「tinder」などを指します。この場合には、きちんとWebサイトもあるタイプのネット出会いは入りません。

 

つまりペアーズやマッチドットコムのような「アプリもあるけどサイトもある」ものを抜いているのが、一番狭い意味での「マッチングアプリ」だと思います。

 

次に、これが最も多い使われ方だと思いますが、tinderなどの出会いアプリ+ペアーズなどの月額定額制サイトの出すアプリ、という場合です。

 

これは、ハッピーメールやPCマックスなどの「出会い系」とは違うんだぞ、安心で真面目な出会いなんだぞ、ということを打ち出すために、ペアーズなどが「マッチング」と言う言葉を好んで使うことに由来します。

 

そして最後が、出会うことのできるアプリ全体を入れた考え方です。

 

この場合には、tinderやPairsに加えて、ハピメアプリ、ワクワクアプリ、PCマックスアプリ、イククルアプリなどのポイント制出会い系サイトの出しているアプリまで入ります。

 

出会い系アプリ・出会いアプリとは?

次に、出会い系アプリ・出会いアプリについてです。これも考え方が2パターンあります。

 

一つは、ポイント制出会い系の出しているアプリのことを「出会いアプリ」「出会い系アプリ」と呼ぶという考え方です。

 

もう一つが、ネットで出会えるアプリ全体を指している場合です。マッチングアプリの部分で説明したことでいえば、以下の3つをすべて含む考え方です。

 

  • tinderなどのアプリだけしかない出会うためのアプリ
  • Pairsやwith、マッチドットコムなどの月額定額制のサイトが出している出会うためのアプリ
  • ワクワクアプリなどの、ポイント制出会い系サイトが出している出会うためのアプリ

 

マッチングサイトとは?

次に、マッチングサイトについて。

 

一つ注意点は、マッチングサイトというのは「出会い」カテゴリーだけに使われる言葉ではないことです。

 

企業と人を結びつける「転職のマッチングサイト」や、ビジネスとビジネスを結びつける「ビジネスマッチングサイト」という意味でもよく使われます。

 

出会いにおいて「マッチングサイト」が使われる場合には、かなりの場合に「Pairsやwithなどの月額定額制料金の出会うためのサイト」を指していることが多いです。

 

多くの場合、tinderなどのアプリしかないものは含まないですし、ハッピーメールなどのポイント制出会い系サイトも含まないことが多いです。

 

先ほども申し上げましたが、この「マッチングサイト」自体、「出会い系とは違う」と打ち出したかった月額定額制の真面目系出会いサイトが言い出した言葉です。

 

ですので、「アダルト要素がない」「出会うためのサイト」を「マッチングサイト」と呼んでいる場合が多いですね。

 

婚活サイトとは?

婚活サイトという言葉は、今までのものとはかなり異なる使われ方をします。
大きく分けて2つの使われ方があります。

 

狭い使われ方は、ガチの結婚登録所をネット版にしたようなサイトのみを指す使われ方です。

 

このようなサイトは、「出会い系攻略サイト」である当サイトには出てきません。
私自身が「女性と出会いたい、彼女が欲しい、セフレが欲しい」という動機の人間のため、こういったサイトには縁がないのです。(縁がないものは、紹介できません)

 

具体的なサイト名でいえば、「ノッツェ」「ツヴァイ」「楽天オーネット」などがそれにあたります。

 

ガチの婚活サイトの特徴としては、やたら高額の月額定額制なのに加え、入会金や成約金を(合計)10万円単位でとることが挙げられます。

 

もちろん大したサービスもないのに単に高額なわけではなく、カウンセリングがあったり、紹介が非常に丁寧だったりと、それなりのメリットはあるようです。(繰り返しますが、私はこういったサービスにはあまり馴染みがないので、詳しく知りたい方は検索してみてくださいね)

 

もう一つの「婚活サイト」の使われ方としては、上記の「ガチ婚活サイト」に加えて「Pairsやwith、マッチドットコムなどの真面目系で月額定額制の出会うためのサイト」を指す場合が多いです。

 

こちらは広い意味の「婚活サイト」であり、「狭い意味の婚活サイト」+「マッチングサイト(=恋活サイト)」という使われ方です。

 

恋活サイトとは?

最後に、恋活サイトについてです。

 

「恋活サイト」という言葉は、ほぼ「マッチングサイト」と同じ意味で使われていることが多いです。

 

具体名でいえば、Pairsやwithなどです。

 

恋活サイトというときに、楽天オーネットなどの「ガチの婚活サイト」が含まれる場合はほぼありません。

 

逆に、ハッピーメールなどの「ポイント制出会い系サイト」が含まれる使い方はたまにあります。

 

ただし、恋活サイト自体が他と比べてあまり使われない言葉ですし、多くの場合は「最近はやりのフェイスブック連動型のペアーズ、ウィズなど」を指していると思えば間違いはありません。

 

まとめ

今回の言葉の定義は、出会い系用語と違って完全に理解しておく必要はなく、なんとなくわかっていれば大丈夫です。

 

出会い系では、出会い系用語が分かっていないと「知らないうちに援助交際を承諾していた(”サポ”の意味が分からなくてとりあえずいいよと言った場合とか)」などという笑い話になります(笑)

 

しかしながら上記の定義は、「うちは出会い系じゃなくてもっと安全だ」と主張したい婚活サイト・恋活サイト・マッチングサイト側にとって重要な議論であって、ユーザー側からすると正直どうでもいいのです。

 

出会い系サイトだろうがマッチングアプリだろうが婚活サイトだろうが恋活サイトだろうが、優良であれば出会え、優良でなければ会えないというだけのことです。

 

おすすめの優良サイトがこのうちのどれに分類されようとも、たぶんあと10年以上は、出会うために使い続けると思います。

 

ちなみに今、一番使っているのは「ポイント制出会い系」である「ハッピーメール」ですね。当サイトのイチオシです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。それでは、また。



注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

初心者が出会い系を安心・安全に使うには?

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

出会い系サイトやマッチングアプリは、適切に使えばたくさんの異性と会える素晴らしいツールです。(だからこそ、10年以上継続して使ってきています)

 

ただし、以下のように一歩間違えれば危険な業界であることも事実です。

  • サクラに騙されることがある
  • キャッシュバッカーに無駄なお金を使わされることがある
  • どんな優良サイトであっても援デリ業者や外部サイト誘導業者が紛れ込む
  • 業者に個人情報を教えると流出の危険性がある

 

このように、出会い系業界自体は「使い方を間違えると」危険です。

出会い系にかけてはベテランの私でさえ、そう思います。

 

しかしながら、出会い系の危険性の出所を考えると、危険性のほとんどがサイト選びの失敗から来ていることが分かります。

 

サクラがいるのは詐欺出会い系サイトのみであり、優良出会い系サイトには存在しません。

キャッシュバッカーはキャッシュバック率が高い一部の出会い系サイトで活動するので、優良サイトでは気にならない存在です。

 

どんなサイトにでもいる業者は、優良サイトであれば圧倒的な速さで削除してくれます。

個人情報を渡す前にサイト側で業者を削除してくれれば、メールアドレスや電話番号等の流出もあり得ないのです。

 

つまり、優良サイトを使うことで、危険性は飛躍的に下がるのです。

 

それでは、優良サイトとはどこなのか?

言い換えると、サクラがおらず、キャッシュバッカーも少なく、業者を速やかに抹消してくれるサイトは、どこなのか?

 

一つの答えは、ハッピーメールです。

おすすめ出会い系の記事でお話したとおり、私の出会い実績も最高のサイトですが、それを別にしてもハッピーメールは初心者におすすめです。

 

その理由は、サクラがおらず、キャッシュバッカーが非常に少ないのは当然として、業者の削除スピードが本当に早いからです。

さらに、ハッピーメールはポイント制の出会い系であるため、女性は当然無料で、男性も無料登録時のポイントでしばらく遊べるため、「初心者のお試し」にはぴったりなのです。

 

「優良出会い系サイトはどこか?」に対するもう一つの答えが、ペアーズです。

 

2020年現在、非常に勢いのあるサイトなので、説明不要かもしれません。

知り合いにバレないフェイスブック連動での登録の効果もあり、ペアーズは真面目な出会いでは最強クラスといえます。

 

ペアーズの欠点は、月額定額制の料金体系のため、ある程度真剣でないと、利用し始めること自体のハードルが高いこと。

「お試し期間」のようなものがないので、男性はいきなり有料で使い始めることになります。(※ 女性は登録から利用まで全て無料)

 

以上のことから、安全に出会い系を使いたい初心者の方のサイト選びとしては、

  • すでにやる気満々ならペアーズ。
  • まだ少し不安で、出会い系をお試しで使いたいならハッピーメール。

がおすすめ。

 

安全・安心に出会い系サイト・マッチングアプリを利用したい初心者の方は、この選び方であれば間違いありません。