50代 マッチングアプリ

 

マッチングアプリが出来る前は、ネット出会いと言えば出会い系でした。

しかしながら、出会い系はアダルト機能も多く、しかも業者もわんさかいたので、非常に人を選ぶ出会いサービスでした。

 

しかしながら、2009年に出来たペアーズを中心にマッチングアプリが流行。

これにより、「真面目な出会いだけを望む人たち」にもネット出会いにおける活路が開かれました。

 

しかしながら。

今までマッチングアプリの恩恵はほぼ20代に限られていたんですよね。

 

今回は「40代・50代でもマッチングアプリが実は使えた件」をお送りします。

 

マッチングアプリを40代・50代が使うのは困難

マッチングアプリの年齢構成って知ってますか?

以前、ペアーズの社長が暴露していたところによると、なんと20代だけで6割。

 

出会い系はこんな感じ(↓)ですから、どんだけ偏ってんだっていう感じですよね。

 

 

これは出会い系のひとつであるラブサーチ(アプリ版はなく、まさに出会い系サイト)ですけど、ちゃんと60代までいます。

20代は30%くらいでしょうか。20代と30代を合わせて6割超、という感じですよね。この世代は婚活世代(結婚適齢期)なので、それは分かります。

 

しかしながら、マッチングアプリは20代だけでこの「20代+30代」くらいなんです。(6割強)

以前調べたところによると、なんと40代以上は9%しかいませんでした。

 

これ、50代とか60代も含めていますよ。なんじゃそりゃっていう。

これでは、マッチングアプリでは40代や50代は邪魔者扱いと言うか、そもそも対象の年齢がいなさ過ぎて使えないですよね。

 

40代・50代の婚活はカネか労力がすごかった

というわけで、今まで40代・50代がネット婚活するには2つの方法しかなかったんです。

 

一つは、めっちゃ高いお金を払って結婚相談所・お見合いを利用するという方法。

 

やったことがある方は知っていると思いますが、基本的なプラン(プランがたくさんある)だけで月当たり1~2万円は飛んでいきます。

さらにいえば、サイトによって初回登録料的なものや成婚料的なものがあり、それらで10万はくだらないという代物でした。

 

40代・50代婚活のもう一つが出会い系サイト

不倫や浮気に使われがちな出会い系サイトですが、(このブログでは何度も言っている通り)真面目な出会いにも使えます。

 

出会い系サイトは、結婚相談所(婚活サイト)とは違いそこまでのお金は要りません。

しかしながら、出会い系には援デリ業者などの「厄介者」が多く、それらを避けるテクニックと労力が必要だったんです。

 

中高年だからネットになれていないとは言いませんが、そういう方もいます。

「ネットにそこまで慣れていない」方からすると、出会い系はお金を払うよりも厄介だったかもしれません。

 

ありとあらゆる手口で、アダルトな方向に引っ張られたり、個人情報を抜かれたりするわけですから。

 

このように、今までの中高年の婚活は「お金」か「労力」のどちらかを多大に必要とするものでした。

 

40代・50代がめっちゃいるマッチングアプリ

というわけで、本題です。

40代・50代がラブサーチ(出会い系)よりさらに多いマッチングアプリをご紹介します。

 

それが今、グイグイ来ている「マリッシュ」というマッチングアプリです。

 

マリッシュは「再婚活(バツイチとか子持ち含む)」歓迎という特殊なアプリ。

だから年齢層が高いという一面もあります。

 

ただし、そういう方だけではなく、「バツあり系の年齢層が高い人を見て、私もOKだろうと登録した」40代・50代の方が滅茶苦茶多いんです。

 

無料登録すれば、どんな会員がいるかは見られます。

無料登録までであればリスクはありませんので、まずは登録してのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば、実際、マリッシュに40代以上の方がいかに多いかや、そしてペアーズやウィズなどの「マッチングアプリ」と同じ料金体系・同じシステムで運営されていることが分かっていただけると思います。

 

その宣伝広告方法の特殊さゆえに今までは会員が少なかったのですが、最近露出を増やしたのか、急激に会員が増えています。

新規会員はアクティブに動く出会いやすい人でもあるので、今はかなり出会いやすくなっていますよ。

 

マリッシュ(marrish)