恋活サイト 告白

 

出会い系サイトを使っていると、かなり高い頻度で生じる一大イベント。

 

それが「告白」ですよね。

 

昭和の時代、もしくはそれ以前から、「いつ告白するべきか?」「どういうシチュエーションで告白するべきか?」というのは恋愛の話題の中でももっともポピュラーなものだったようです。

 

実際、「いつ告白すべきか?」というアンケート結果をインターネット上で探してみると、いつの時代なのか分からないような古いアンケートから、2017年と言う最新アンケートまで幅広く存在します。

 

しかし、そのなかでも「出会い系サイトなどのネット出会いで知り合った場合にはどうなのか?」というアンケートはあまりない様子。

 

ですので、今日は「ネット出会いでの適切な告白とはどういうものなのか」について様々な角度から考えていきたいと思います。

 

告白は面と向かってすべき

ネットで拾ってくるアンケートだと、ほとんどの人が「告白は面と向かってすべき」という答えを出しています。

 

恋活サイトの告白

 

しかしながら、私の経験上、「相手に好意があれば、メールだろうがラインだろうが電話だろうがうまくいく」「相手に好意がなければ、面と向かって告白しても断られる」が真実です。
(手紙はやったことがないのでわかりませんが・・・)

 

しかし、そうであればなぜ、「告白は面と向かってすべき」と言われているのでしょうか?

 

それは、告白と言うものは(よほど付き合う流れの中にいた二人でもない限り)驚きを伴い、ときにはそれが「疑い」になってしまうことがあるからです。

 

つまり、「この人、本当に私のこと好きなんだろうか??」ということですね。

 

ここでひとつ申し上げておきたいのは、「好きな相手」もしくは「嫌いな相手」から告白された場合には、「この人、本当に私のこと好きなんだろうか??」とは思いません。

 

好きであれば有頂天で即OKが出ます。
嫌いであれば、考えるまでもなく即NGされます。

 

しかし、そのジャッジが正直微妙なときがあります。

 

「好きな人がいないときに、アリだと思っている相手に告られた」「わりと好きな人はいるが、いいなと思っていた別の人から告られた」ときですね。こういう場合、女性は悩みます。

 

その「ジャッジが微妙」なときに、「面と向かっての告白」が効果を発揮するのです。

 

逆に、メールやラインだと(罰ゲームとしての告白などもあるので)疑われてしまいかねません。恋愛が苦手な二人だと、真意を確かめ合わないまま疎遠にもなりかねないのです。

 

そういった「めちゃくちゃもったいないケース」を防ぐために、告白は会ってしたほうが良い、というのが結論なのです。

 

緊張するのは分かりますし、何度も言いかけてはやめた経験が私にもありますが、ここはがんばりましょう。

 

OKだったら天国ですし、フラれてももっと良い人に出会えるチャンスがあります。

 

チャンスと言うのは、気休めで言っているわけではありません。
このチャンスはだれにでもあるわけではないのですが、このサイトを見てくださっているあなたにはあります。

 

なぜかというと、このブログの読者は「出会い系サイト・マッチングアプリ」という出会いツールをすでに知っているはずだからです。合コンなんかするよりも、圧倒的に確実です。

 

私が合コンより出会い系をおすすめする理由5つ

 

恋活サイトで出会ってから3か月以内に告白しよう

次に、出会い系や恋活サイトで出会ったらどの程度で告白すべきなのかについてです。

 

まずはこちらのアンケートをご覧ください。
「出会ってからどれくらいで告白して成功したか」についてのアンケート結果です。

 

恋活サイト 告白時期

 

告白に成功している人と言うのは、出会って3か月未満が一番多いです。さらに、2位が出会って6か月未満ということですから、出会って半年以内に告白成功している人が6割以上を占めるということです。

 

この理由は分かりやすいです。
出会ってからあまりにも時間がたちすぎると、「異性という目で見られなくなる」からです。

 

どんな女性でも、出会った当初は誰でも、相手のことを男として見ています。

 

「かっこいい男の人」なのか「やさしい男の人」なのか「気持ち悪い男の人」なのかは分かりませんが、とにかく「自分とは違う異性である」という緊張感をもって接しています。

 

しかしながら、ある程度の時間がたつと、「男性」ではなく「友人」として見るようになります。

 

いい意味でも、悪い意味でも緊張感がなくなり、異性としてセックスをする相手だと見ることが出来なくなってくるのです。

 

男性側のキャラにもよりますが、父や兄、弟のように見えてくるんですね。家族とはセックスできないのは当たり前のことです。

 

こうなってしまうと、まさに「異性として見られない」というNG理由でフラれてしまうことになります。(わたしも経験があります・・・出会って1年ちょっとでした)

 

出来れば3か月以内、それが無理でも半年以内には告白するようにしましょう。

 

恋活に限らず、3回目のデートで告白するのが無難と言われるが・・・

アンケートを出すまでもなく、何回目のデートで告白してほしいか」の答えは決まっています。

 

3回目です。

 

これは一般によく言われていますし、実際に女性もそう思っています。

 

しかし、「出会い系や恋活サイト等の、ネット出会いでのみ彼女を作ってきた」私の答えはほんの少しだけ違います。

 

出会い系でしか彼女を作ったことがない男が語るメリットとデメリット

 

私の答えは、「3回以内」です。

 

もちろん3回目でもOKなのですが、出会い系サイトやマッチングアプリ、恋活サイトでの出会いでは、普通の告白とは少し事情が異なります。

 

その事情とは、「すぐに相手の女性に告りそうなライバルが5人はいる」ということです。

 

これはマジです。特に、あなたが告白したくなるほどの「良い女性」なんですよね?だとしたら、他の男性も「この子いいじゃん」って思っている可能性が高いですよね?

 

考えてみてください。相手は異性とのマッチングサービスを使っている女性です。

 

ということは、今は一時的に「人工的な出会いがめちゃくちゃいっぱいある状態」にいる女性です。

 

恋活サイトを使っているとわかると思いますが、ネット出会いにおいては多くの男性が一人の女性に群がります。あなたは群がった何人もの男性のひとりなのです。

 

そういう意味では、恋活サイトにおいて「告りたくなるほどレベルが高い女性」は、学生時代の「学園のマドンナ」レベルで男性が一気に告白してくる可能性があるのです。

 

ここまで読んでも「だから何なんだ?」と思っている方は、ぜひ以下の記事をお読みください。

 

【出会い系攻略】恋は先手必勝!善は急げ!早い者勝ちの世界!

 

言いたいことは一つ。というか4文字。

 

先 手 必 勝

 

もしあなたが告白したい女性がいて、かつその女性と出会ったのが恋活サイトであれば、一刻も早い告白をおすすめします。

 

準備が出来ていなくてフラれるかもしれないじゃん!と思っているかもしれませんが、それでフラれる場合には準備が出来ていてもフラれます。

 

あなたのことをが少しでも「いいな」と思っているけど、会って間もないので判断がつかないという場合には、「まだ分からないけど付き合う」「まだ分からないから保留にする」ことはあっても、「まだ分からないからフってみる」という女性はいないです。

 

きちんと告白までしようとしている誠実なあなたの想い人をチャラ男に取られてしまったら、私自身悔しいです。もはやNTR(ネトラレ)です。

 

告白しましょう。もう今日はそれだけ言って終わりにします。
終わり。



注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。

 

ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるはずなのに!」という方もいるでしょう。

ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。

 

それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。

 

なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。

 

一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。

例えば、ハッピーメールとワクワクメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)

ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。

 

二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。

このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。

例えば、真面目な出会いならハッピーメールが強く、エッチな出会いならPCMAXが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)

サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。

 

3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。

経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。

 

そして最後のメリットは、サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べることです。

優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。

ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)

 

それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?

その答えは、こちらの記事に全て書いています。

おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!

 

本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。

 

ひとつはハッピーメール

私が12年間使っており、真面目な出会い(=彼女づくり)では最大の実績を挙げているサイトです。

無料でハッピーメールをお試しする

 

二つ目は、PCMAX

これも12年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。

無料でPCMAXをお試しする

 

最後に、ワクワクメール

ハッピーメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に20代女性に出会いたいなら必須です。

無料でワクワクメールをお試しする

 

上記3つのサイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。

無料でお試しできる複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。