ハッピーメール 評価

 

ぼっちです。

 

本日は出会い系のレビュー第3弾、ハッピーメールのレビューを行いたいと思っております。

 

前回までの、PCMAX・ワクワクメールのレビューはこちら。
PCMAXの評価・レビュー|評判と攻略情報
ワクワクメールの評価・レビュー|評判と攻略情報

 

ハッピーメールはワクワクメール・PCMAXと同じく10年以上利用しているサイトで、ワクワクメール・ハッピーメール・PCMAXの3つだけで私の出会い実績の7~8割程度になります。
今はペアーズとかでも出会ってますが、割と最近のサイトなので、10年以上を通算するとそんな感じです。

 

他のきちんと会える(ただし、御三家に比べて劣る)サイトであるYYC・Jメール・イククル等を紹介すべきか否か迷っているのですが、本日紹介するハッピーメールまでは複数登録しても損はありませんので、レビューしていきます。

 

全部使えばいいじゃない?よく比較される出会い系を複数使う理由3つ

 

ハッピーメールについても、いつも通り攻略情報まで掲載し、このページを読んだだけでハッピーメールで会うための情報が網羅されているように記載しています。

 

それでは、行きますね。

 

ハッピーメールの基本情報(開設年やユーザー数、料金等)

まずハッピーメールの基本情報ですが、登録ユーザーの数は公式サイトによると累計で約1700万人(ホントか!?)おり、ワクワクメール・PCMAXと比較しても圧倒的に多いユーザーが集まるサイトであるということがわかります。(ただ、体感ではワクワクメール(350万人らしい)より若干多いくらいのアクティブユーザー数なので、おそらくカウントの仕方の問題かと思われます)

 

次にハッピーメールの価格について。メール送信は5pt(=50円)で、プロフィール閲覧は無料。つまり、ワクワクメールと同じ料金体系で、優良出会い系の中では最も安く利用できるサイトのひとつであるということがわかります。

 

ただし残念ながら、ハッピーメールは(ワクワクメールと同じく)めったにポイント2倍キャンペーンをやらないので、料金面ではPCマックスに次いで2位タイになります。

 

ハッピーメールの評判(口コミや2chでの評価等)

次に、ハッピーメールの評判(口コミや2chでの評価等)についてお話ししていきます。

 

ハッピーメールはよく女性誌等にも掲載されており、ワクワクメールやPCMAXと同じく山手線沿線での看板による広告もしくは宣伝カーによる宣伝を活発に行っている出会い系サイトであり、おそらく世間一般的にも最も認知度が高いサイトだと思います。

 

ハッピーメールの評判

 

評判としては、女性、特に若い女性からの評価が高いサイトであり、それは女性ユーザーの年齢構成にも反映されています。

 

若い女性向けの雑誌への広告掲載や、(ワクワクメールやPCMAXとは違って)公式サイトのキャラクターに女優やモデルを起用する等、他の出会い系とは一線を画す「オシャレイメージ」を打ち出す広告戦略が功を奏し、総じて若い女性人気が高いです。

 

このあたりは、公式サイトのトップでログイン前に必ず見ることになる(ほぼ全画面に表示される)シャレオツ動画をみれば一目瞭然かと思います。
スクリーンショットを撮ってきたので、下に貼っておきますね。

 

ハッピーメール 評価

 

最後に2chでの評価ですが、2ちゃんねらーとはターゲッティングが逆方向(少なくとも女性はおしゃれピープルがターゲット?)のせいなのか、あまり話題になっていないというのが正直なところです(笑)そもそも2ちゃんねるでの評価をみることすら、最近は大変ですし。

 

ハッピーメールの評価を2ちゃんねるで調べられない理由

 

ただし、老舗の出会い系サイトとして「会える」という書き込みはあるので、優良サイトであるとは認識されているようです。

 

ハッピーメールの攻略方法

最後に、ハッピーメールの攻略方法についてお話ししていきます。

 

ハッピーメールの攻略方法・・・と書いたものの、ハッピーメール独自の攻略法というのはなく、基本的にはワクワクメールと同じ方法でOKです。つまり、出会い系攻略の基本である「攻撃」と「防御」で十分だということです。

 

ワクワクメールのレビュー時に書きましたが、念のためもう一度「攻撃」と「防御」について記載します。

 

攻撃は、主にプロフィール検索を利用して狙い撃ちにしていくことで、職業・見た目・体型等を入力し、自分の好みの方にメール送信でアプローチするという方法です。

 

一方、防御についてですが、これは自分のプロフィールを好感度高め(かつ、検索されそうなワード多め)に作り、掲示板等に目立つ題名でメッセージを投稿し、自分が検索される、もしくは掲示板のメッセージによって自分のプロフィールにアクセスを呼び込む、という「釣り作戦」と言ってもいいような方法になります。

 

基本的にはこの二つの方法で十分なのですが、少しハッピーメールの注意点(というか特徴?)についてお話しておく必要があるでしょう。それは、女性の年齢層が若いということです。

 

おそらく、イメージや出している雑誌等の広告媒体の影響だと思いますが、ハッピーメールには(正直に言えば高校生等も含む)10代の女の子が多いです。(20代前半も多め)

 

出会い系サイトで女子高生(JK)に出会う方法【2017完全版】

 

ですので、そういった年齢層を狙う方には当然おすすめのサイトなのですが、逆にそういった若いことのコミュニケーションになれていない方は、きちんと学んでから対処しないと困ったことになるサイトでもあります。

 

10代女子の特徴としては、メールが短文であり、ほぼLINE感覚で使っているというのがあります。ですから、短文だからといって相手が不機嫌だとか、自分に対する感触が悪いとか、そういうわけではないということを肝に銘じる必要があります。

 

(※ あまりにも短文メッセージばかりの場合、キャッシュバッカーでないかどうかだけは疑ってください ⇒出会い系のキャッシュバッカー(CB)とは何か?CBがいないサイト教えます!

 

ここで、出会い系サイトを使ったことのある方は、懸念に思われることがあるかもしれません。
そう、出会い系サイトではメール送信によって料金が発生しますので、何度も何度も短文でやり取りするというのは非常に現実的ではない(というか経済的でない)のです。

 

しかし、実際にはこれは解決が可能です。
今の若い子(10代または20代前半)というのは、LINEやカカオトークで捨てアカ(捨てアカウント) という捨てる前提のアカウントというのを持っている可能性が高いです。ですので、昔に比べてLINEのIDやカカオのIDを教えてくれやすいのです。

 

ですから、短文を出会い系サイト内でやり取りするのではなく、一旦LINEやカカオなどのアプリに誘導し、IDを教えてもらってからそちらで短文のやり取りを非常に長く続ける、ということによって信頼を得ていくのが有効です。(逆に、短文の上にLINEもカカオもメール交換もできない子は、さっさと切り捨てないと膨大なお金がかかります)

 

ハッピーメールの評価:最強の「恋人づくり」出会い系(若い子・JK好きならさらに良い)

最後に、私自身のハッピーメールの評価です。

 

「最強の『恋人づくり』出会い系」です。(星いくつとかで表すのは、わざとらしいのでやりません)

 

基本的にはワクワクメールと同じ使い方ができるサイトです。ただし、業者を消すスピードがワクワクメールよりさらに早く、「そもそも業者からメッセージがあまり来ない」レベルです。

 

他にもワクワクメールより(人によっては)良い点があり、それは若い子(十代・二十代前半)が多く、10代後半をターゲットに利用していると女子高生とも会えてしまうことです。(ここを狙ってないという方は、短文の子が多かったりしてちょっとやりづらいサイトとなる可能性もあります)

 

以上のようなことを加味し、ワクワクメールよりも良い点が多く、真面目な出会いなら最強のサイト、というのが10年以上利用しての正直な評価です。

 

特に「業者の少なさ」や「アクティブユーザー数(=出会いやすさ)」という大切な部分で上回るので、私としては「恋人づくりならハッピーメールが最強の出会い系」だと思っています。
さらに、ギャル・若い子(10代とか)・JK好きなら、文句なしでワクワクメールより上だと思います。

 

まとめますと、ハッピーメールは「業者が少なく出会いやすいため、初心者からベテランまでお勧めできる出会い系」です。
ぶっちゃけ年齢層低めの女の子が好きな方にとっては、さらにプラスでしょう。

 

現在でも、最も利用価値のあるサイトの一つであることだけは間違いないので、ぜひ使ってみて下さい。

 

ハッピーメール

 

それでは、また。