出会い系 やめる

 

ぼっちです。

 

私は大体の記事を、「出会い系サイトやマッチングアプリを使っている”どこかの誰か”の役には立つだろう」と思って書いてます。

 

しかしながら、この記事は「出会い系をやめると誓う10の瞬間」ですので、知ったところで出てくるのはこの2つが精々だと思います。

 

「あ、ちょっと分かるかも~」
「で?」

 

というわけで、「出会い系をやめると誓う10の瞬間」をお送りいたします。
あなたはいくつ経験済みでしょうか?

 

前フリの通り、出会いの役には全く立たないのでご承知おきくださいませ。
それでは参りますよ~

 

1.彼女が出来たとき

私だって、最初は出会い系マスターになろうと思って出会い系サイトに片足突っ込んだわけではありません。

 

最初はまっとうに彼女を作ろうと思いましたし、実際にそうなりましたよ。

 

しかし、ずっとぼっちだと、人間関係に難があるんですよね。社会不適合なのは知っていたんですけどね。要は私が男性として(というか人間として)未熟だったせいで別れましたという話です。

 

そんな私でも、彼女が出来るところまでは簡単に行ってしまう出会い系サイト。
すべてはハッピーメール様のおかげという話でございました。

 

ハッピーメールの評価・レビュー|評判と攻略情報

 

2.ブス、ブス、ブスのとき

出会いは確率論だから、ブスが来てもあきらめてはいけないという記事を書いたぼっちと申します。

 

でも、実際にはブスが三連続すると死にたくなるよね。

 

俺のメールの時間、特に寝る間も惜しんでメール送りまくったり、仕事中トイレの中でメール返信したりしてた時間を返せ!と思いますわな。

 

そんな悲しい人の性を垣間見るのも、出会い系の醍醐味です。

 

3.待ち合わせに人が来ないとき

優良出会い系サイトでは、ドタキャンとかはほぼないです。

 

ヤバそうな人なら回避されるかもしれないけど、ブサイクだから、とかで回避されちゃうことは少ない。一応、食事くらいはしてくれる子が多いと思います。

 

Q.じゃあなんで待ち合わせに人が来なかったのか?

 

A.俺がアポった(と錯覚していた)のがサクラだったから。

 

出会い系を使い始めた10年以上前の話。
まだハッピーメールやPCマックスさえも知らなかった頃の経験ですな。

 

4.男が来たとき

「え、出会い系で怖い目に遭っちゃったの?」

 

と思った方も多いことでしょう。

 

違います。

 

ニューハーフ(NH)と知らずにアポってしまったんです。

 

相手は「私NHです」としっかり書いていましたが、アホな私は「NH?こいつ何ゆうとるんや?エッチ用語か?とりあえず写真は美人だし、会っとくか」とアポ。

 

ふたりでラブホとかにはいる前に気づいてよかった・・・(声が低すぎた)
後ろの純潔は守られましたの巻。

 

5.朝青龍だったとき

浜崎あゆみとか名乗っていたやつが朝青龍だった日にはさあ。
もうどうしたらいいか、分からなくなりますよね。

 

6.一緒にディズニーに行った相手が微妙だったとき

これはまだ体験談に書いていないんですけど、こういうことってありません?

 

相手と気が合う、良い子に違いない!と決めつけて初回デートをディズニーにしたら、あまり良い子じゃなくて困ったことって。

 

・・・ないですよね、僕がバカでした。反省してます。

 

7.17と18の違いが1じゃないと気づいたとき

出会い系では、相手が女子高生のときは年齢確認するのが基本です。

 

その年齢確認により、相手が17歳と判明した時。

 

かつ、相手が結構可愛かった時。

 

私の心は千々に乱れ、「犯罪回避」か「男の夢」かで迷った末、「犯罪回避」をとりました。

 

17と18の違いは無限大。1なんかじゃない。
そう気づかせてくれた出会い系サイトに感謝。

 

出会い系サイトで女子高生(JK)に出会う方法【2018完全版】

 

8.tinderでお局様を発見したとき

大人気、フェイスブック連動型マッチングアプリ、tinder。

 

このマッチングアプリで「会社のお局様」を見つけてしまったとき、なんとも言えない気持ちになったよね。

 

俺自身、「ぼっち」を名乗るくらいだから同性の友達はほぼ皆無と言っていいくらいだし、会社を辞めた今では同僚もいないから本来なら気にしなくていいんだが、やっぱり知り合いにバレるのってイヤだよね。

 

どこまでもスニーキングミッションしたい、そんな人向けの出会いアプリはポイント制。
これ世界の常識らしいよ。(ウソ)

 

知り合いにバレない出会いアプリのおすすめはコレ!

 

9.食べ過ぎて胃がもたれたとき

俺は胃腸が強いほうだ。

 

しかし、食べ過ぎて胃がむかむかしたことはある。

 

それはこんなワケだ。

 

ある日、おれはいつものように出会い系で女性と出会った。
就活生。ようは大学3年生。写真交換はしていないが、胸が高鳴る。

 

結果、正直ブスだった。出会い系に限らずよくあることだ。
(しかもブス過ぎないのがまた面倒くさい)

 

しかしながら、相手は就活生、俺は社会人。
俺の妙なポリシーにより、おごりコースだった。しかも焼肉ね。

 

相手、食べるわ食べるわ。

 

食べ続けるブスにムカムカしてきた日があったという話。

 

そして、そんなブスに限って、無視しまくってもまだLINEで連絡してくるんだ。
もうそれから2年経ってるのよ?(マジです)

 

紳士ぶるのもほどほどにしたほうがいいなあと思った、2018年1月。

 

10.美人が誘えなかったとき

誘えば、ホテルに行けそう。

 

11年も出会い系をやっていると、そんな瞬間がけっこうある。

 

しかし、相手が美人の場合、そんな簡単なことではない。

 

男は美人にがっかりされたくない。軽蔑されたくない。
そんな生き物だ。

 

誘えばOKな雰囲気・・・でも誘えない。
今の良い雰囲気をぶっ壊して、「何言ってんのこいつ」と思われるのが怖いのだ。

 

これで美人を電車に見送ってしまった夜が、何度あっただろう?

 

美人と付き合う&エッチするために出会い系をやっていて、そのチャンスがやっと来たのに、そのチャンスを見送る。

 

「何やってんだ俺」としか言えない、そんな夜もあった。

 

まとめ

私って、実は本心を書くとこんな文章になっちゃうんですよね。

 

無理やりこの記事を役に立つように仕向けると、「こういう瞬間を乗り越えてきたから、今はさほど苦労せず会いまくれている」といえますよね。ね?

 

お読みいただきありがとうございました。

 

~完~


注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

出会いがない毎日は、もう終わりにしよう。

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

 

出会い系の実情や攻略テクニック等を知ることは大事ですが、出会い系で最も重要なのは「出会えるサイトを利用すること」です。

サクラだらけの「出会えない系サイト」を使っていては、どんなイケメンでも出会えず、出会いがない毎日を繰り返すことになります。

 

それでは、どのサイトが一番おすすめなのか?

 

残念ながら、それは10年以上出会い系を使い続けている私にも分かりません。

なぜなら、あなたの目的によって使うべき出会い系サイトは異なってくるからです。

 

一番わかりやすい例でいえば、彼女の作り方セフレの作り方は異なり、使うべきサイトも違ってきます。

 

これは適当に申し上げているわけではありません。

私は10年以上の間、「どんな年齢の」「どんな職業の人と」「どのサイトで」出会ったのか、出会い系データベースを作ってきたので、そのデータから分かることを書いています。

 

データベースというと大げさなのですが、このような記録を付けています↓

出会い系 データベース

出会い系データベース

 

話が長くなりましたので、このデータベースから統計的に分かることを端的に述べます。

それは、恋人づくり(真面目な出会い)ならハッピーメール、セフレづくり(エッチ目的)ならPCマックスを使っておけば間違いないという事実です。

 

出会い系を使う目的のほとんどは「恋人が欲しい」か「セフレが欲しい」だと思います。

その場合には、この二つを使っておけば間違いありません。

 

外人狙いならマッチドットコムだとか、一番安く会えるのはイククルだとか、中高年ならラブサーチだとか、例外的に他のサイトのほうが良いときもあるのですが、基本的にはハッピーメールとPCMAXだけで十分です。

 

恋人がほしいのか、セフレが欲しいのか。

この大きな目的によってどちらかを選べば、間違いはありません。

 

ハッピーメールとPCマックスは、退会もすぐにでき、迷惑メール等も来ません。これは10年以上使っているのでお約束できます。(=リスクゼロ

男性は有料(女性は無料)ですが、男性でも会員登録は無料で、登録時にはお試しポイントがもらえるのでしばらく使えます。

 

繰り返しになりますが、

  • 真面目な出会いはハッピーメール
  • エッチな出会いはPCマックス

となります。

 

ぜひ、あなたに合った「きちんと出会える出会い系」をお選びくださいね。