出会い系 少子化

今回は少子化の話。

たまには「セフレを作るならPCマックス」とかじゃなく、なにか真面目なことも言ってみたいと思って書きました。

 

とはいえ、テーマはやっぱり出会い系です。

こんなサイトが、いきなり北朝鮮問題とかで提言しはじめても誰も何も何も聞いてくれないと思いますので(笑)

 

というわけで、「出会い系が少子化を救う」です。

 

出会いが特別な時代

まだ、私が会社にお勤めしていたころ。

オジサンたちは、結構社内結婚している人が多かった印象です。

 

銀行や金融機関の「一般職」じゃありませんが、(ぶっちゃけ)お嫁さん候補として用意された存在がたくさん社内にいたと聞いています。(一応、歴史ある企業だったので)

 

しかし、今はそんな悠長なことをやっていられる企業は少なくなりました。

女性も男性も戦力として期待され、「福利厚生としての異性」は減りました。

 

昔は大企業には「レク委員」なるものがあったりして、男女間の交流(というか実質集団合コン)を奨励していたらしいです。

私の勤めていた会社では、そのための費用まで会社から出ていたとか。

 

企業によりますが、今は費用まで出してそういうことを会社としてやっているところは少ないでしょう。

 

しかも、性欲だけで生きていたようなバブル組とは違い、男性の肉食度も下がりました。

平均給与まで年々下がっていますから、「女性を養っていくぞ!」みたいな気概が下がるのも、当然でしょう。

 

何が言いたいのかと言えば、出会いが特別な時代になったな、と思います。

普通に生きていたら、(雰囲気に流されて)社内で気に入った子と恋人になり、エッチして、結婚という流れじゃなくなったな、って。

 

普通に生きていても出会えない、だから

普通に生きていたら社内結婚。

または、そもそも「男女で交流する」という雰囲気があり、毎週のように合コン、パーティーに駆り出される。

 

今でもそういう人はいるのかもしれませんが、こういう日常を送っている人はかなり希少になったと思います。

 

とはいえ、多くの人は付き合いたいし、エッチしたいし、結婚もしたいですよね。

私は、結婚は個人的に微妙ですが、付き合いたいし、エッチはしたいです。

 

というわけで、「普通に生きていても」ダメなので、何らかの行動をとる必要があります。

 

別に街コンに行ってもいいし、婚活パーティーに行ってもいいですが、当サイト(というか私)のおすすめは、出会い系です。

 

なぜ出会い系なのか

なぜ、出会い系なのか。

それは、そもそも「リアル大好き!友達との交流大好き!」という人は伝統的な出会いで出会って、結婚していくと思うからです。

 

つまり、今でも学生結婚やら、社内結婚やらをする人はいる訳です。

毎週のように男女混合のバーベキューしたり、クラブに言ったり合コンしたりパーティーしたりしている人もいる訳です。

 

で、こういう「伝統的な出会い」にあふれている人って、出会いに悩まないし、結婚にも悩まないです。

こういうパリピな人(リア充?)とは異なるタイプの人が増えているから、出会いがなくなるわけですよね。

 

もちろん、当サイトは「ぼっちの出会い系攻略」という名前なので、私自身もこういう人とは真逆の人間。

完全なるぼっち気質です。

 

私のような「ぼっち」は極端ですが、私に近い人が増えてきているわけですよね。

 

というわけで、そういう人間でも使いこなせるのが、ネット出会いなんです。

「普段からの人間づきあい」が悪くても、なんとかなるのが出会い系なんです。

 

出会い系が少子化を救う

ぼっちの私ほど極端ではなくても、人間付き合いバンザイとは異なる人が増えている。

だから出会いが減り、結婚が減り、子供が減るんですよね。

 

あまりにも単純化した図式ですし、原因はそれだけではなく複雑なのはわかっていますが、少子化の原因としてこういう面は大きいと思います。

 

独身様の半分が結婚し、子供をもうけたらかなりの改善です。

だからこそ、今重要なのは出会い系の普及だと思います。(もちろん、マッチングアプリでもいいです。要はネット出会い)

 

だからこそ、日本の将来を憂う日本人の一人として、私はこのサイトを立ち上げました。

決して、「出会い系でエッチしまくっていたらいつの間にかこの分野に詳しくなったから」ではありません。

 

まあ、青文字部分は冗談ですが(笑)

しかし正直、ネット出会いがもっと普及したら、結婚する人(=一般に子供を作りうる人たち)が増えると思いますよ。

 

ぼっちの私なんて、出会い系なかったら絶対童貞間違いなしですからね。

 

それが、(自慢じゃなく、事実として)100人切りは余裕で達成し、たぶん結婚もしますからね。

結婚すれば、子どもも好きですし、作ると思います。

 

「出会い系は少子化を救う!」は言い過ぎかもしれません。

でも、「出会い系は少子化を改善する」は絶対マジです。

 

というわけで、このブログは結構社会的意義もあるかも?

(ぶっちゃけそのつもりはないが)

 

いずれにせよ、ネット出会いはライフワークなので、力の限り続けていきたいと思います。

 

女性誌多数掲載!!【ワクワクメール】

 


毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。