ご無沙汰しております。・・・と、会社っぽい挨拶から始めたのは何を隠そう、私自身が会社員になったからです!

(初見の方のために簡単に言うと、出会い系が好きすぎてニートになった男が再就職した、というゴミのような経緯です(笑))

 

というわけで、久しぶりに「会社に可愛い子がいる」という状態になったため、社内恋愛について語ってみたいと思います。

(とはいえ当サイトは「ぼっちの出会い系攻略」ですから、出会い系のメリットについても語ります)

 

この記事は、こんな方のために書いています↓

  • 最近、社内に気になる女性がいる方
  • 社内恋愛のリスク(失敗したら気まずいなど)が気になる方
  • 社内だけではなく、出会いをもっと広げたいと思っている方

 

当記事の結論から申し上げますと、「社内恋愛はリスクだらけ。社内恋愛と並行して日常の外での出会いを探すのがおすすめ。プロとしてその方法を解説する」となります。

 

出会い系歴10年以上、出会い系攻略の専門家として詳しく解説していきます。

筆者の出会い系利用実績やプロフィールはこちらからどうぞ)

 

ついに働き始めた出会い系マニア

私のプロフィールにもあるとおり、私は生粋の出会い系マニアです。

 

完全なるぼっち気質であったところ、出会い系との出会いによってようやく「現代人として最低限度の人間関係」を保っているような人間です。

(知り合いのほとんどは女性。なぜなら出会い系のみで人脈を広げているからw)

 

趣味が高じてと言うか、ライフワークがライフそのものになってしまったというか、何年か前から「仕事をやめて出会いを探す」ようになりました。

 

こういった人は私だけではなく、例えばネットで出会いゲットナビのYUTARO氏とか、週刊現実の編集長氏とか、広いネットの世界には稀にいます。

(以前にもご紹介しましたね。まあ私も含めて行き過ぎた人たちだとは思います)

 

というわけで、働いてためたお金で「出会いだけを追う毎日」を過ごしていましたが、いかんせん私は大富豪でもなければ、生活保護を受けているわけでもありません。

つまり、お金は減っていっており、ついに底を尽きようとしているんですね(笑)

 

というわけで、ついに年貢の納め時。

「出会いだけを追う」生活にピリオドを打ち、少し前から働くことになりました。

 

社内恋愛のチャンス!?しかし

私はアラサー、そして独身ですので、ぼっち気質ではありますが(一応)女性の恋愛対象ではあります。

 

私自身が理系でなく文系であり、入った部署も文系職種(経理とか、法務とか、人事とか、広報とかそういうの)ですので、女性が多いです。

 

そう考えると、「出会い」をライフワークにしている人間としては、いわゆる「社内恋愛」のチャンスなのではないか、と思いますよね。

しかし、個人的には社内恋愛にはリスクがあると思っています。

 

というか、実際に会社員時代に社内恋愛になりそうなことが(私でも)ありましたし、社内恋愛している人もいました。

ここからは、実際に私が見た「社内恋愛のリスク」を書きたいと思います。

 

社内恋愛のリスクとは

そもそも「規則で禁止」のこともある、社内恋愛。

現代ではそういった禁じ方をしている企業は(特に大企業では)少ないと思いますが、それでも多大なリスクがあります。

 

ここではまず、社内恋愛のリスクについて解説しておきたいと思います。

 

別れたら気まずい!業務に支障が出る可能性も

社内恋愛のリスクで最大のものは、何と言っても「別れた時の気まずさ」ですね。

 

「気まずい」程度ならまだいいです。

社内恋愛をしまくった後、人間関係をそこらじゅうでめちゃくちゃにしてやめた人、大企業ならば一人や二人はいると思います。

 

社内恋愛に、ミスは許されません。

遠い部署(業務に関わりのない部署)の女性との社内恋愛ならいいですが、そもそもそういう社内恋愛は少数派。

実際には同じ部署や隣の部署で起こることがほとんどだと思います。

 

そうなると、業務に支障が出ます。

実際、今の会社に長くいようと思うのであれば、社内恋愛はリスクでしかないのです。

 

社内恋愛では二股がかけられない

社内恋愛においては、通常、二股はかけられません。

このブログを見ている人ならある程度理解してくださるものと思いますが、男性と言うのはです。

 

特に若い間であれば、基本的に、たくさんの女性とセックスしたいという方が大半なのではないでしょうか?

 

そして、セックスと言うのは「出来ないうちは一人ともできない」が、「できるようになると、途端に何人もの女性とできるようになる」ものです。

 

ですから、多くの「セックスに持ち込めるようになった男性」は二股をかけるのですが、社内恋愛ではこれは危険です。

 

前述の通り、そもそも社内恋愛は「バレたら気まずい」ものなのですが、二股がバレたらそういうレベルでは済みません。

最悪、トラブルメーカーとして会社に居場所がなくなります。

 

↑上司にこう言われかねません

 

恋愛で執着の分散は必須。だからこそ

ここまでで、社内恋愛にはリスクがあるということがお分かりいただけたと思います。

社内恋愛のリスクの多くが、「社内にいづらくなる」「出世の道を絶たれる」というたぐいのものですので、看過できません。

 

基本的に、「会社なんていつ辞めちまってもいいんだ」という方以外にとっては、社内恋愛は危険なのでおすすめしません。

 

それならどうすればいいのでしょうか?

社内恋愛では、完全に「この子だ」ということを狙い、落とせたら結婚、ということを目指せばいいのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、それはそれでまったくおすすめ出来ないやり方です。

 

なぜなら、恋愛では「一人狙い」は非常に悪いやり方です。

一人を狙っていると、その子を落とせなければその間は成果ナシとなりますので、まず効率が悪いです。

 

さらに、先進的にも辛いです。具体的に言えば、その子の行動に振り回されまくります。

 

しかも、相手の好みなども細かく知っているわけではないと思うので、「告白してみたらそもそも脈なしだった」ということも多いでしょう。

全ての努力が水泡に帰すことも珍しくありません。

 

そこで、恋愛では「分散」が重要。

分散することで、執着心を分散し、精神も安定させてチャンスを複数つくり出すことが出来ます。

 

ただし、社内で恋愛の分散(=みんなに手を出そうとすること)は当然ながら危険です。

 

人脈や人間関係のないところに出会いを作り出す出会い系

恋愛の分散は大事。

でも、社内などの身近なところで複数の女性にアプローチするのは危険。

 

これがここまでで述べてきたことです。

 

 

長くなりましたが、ようやく結論です。

ここまで述べたことを踏まえると、まったく人脈のないところに出会いを作り出す手段が必要になってきます。

 

その最高の手段こそが、出会い系です。

これは、このブログで200回くらい言ってきたことなので、ここでまた繰り返そうとは思いません。

 

出会い系を使い、まったく知らなかった女性と、知り合う。

その上で、5人くらいの「自分の好みの女性」を常に追い続け、そのうちのベストな子とお付き合いをする。

 

その時点で、一途に行きたいのであれば一途にお付き合い(または、結婚)をすればいいのです。

もっともっとモテたいのであれば、2人目の美女を狙ってもいいでしょう。

 

そもそも人間関係が豊富にあり、女性との出会いが転がっている人はこんなことをする必要はないのでしょう。

しかし、そういう人間以外が「異性と出会いまくって付き合いまくる」には、これしかないと思っています。

 

基本的に、優良な出会い系であれば、どれを使っていただいても構いませんが、やはり優良の中でも優劣はあります。

当サイトのおすすめ出会い系は、(ありとあらゆる記事で申し上げている通り)「ハッピーメール」になります。

 

無料でハッピーメールをお試しする

 

注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。

 

ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるはずなのに!」という方もいるでしょう。

ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。

 

それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。

 

なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。

 

一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。

例えば、ハッピーメールとワクワクメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)

ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。

 

二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。

このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。

例えば、真面目な出会いならハッピーメールが強く、エッチな出会いならPCMAXが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)

サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。

 

3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。

経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。

 

そして最後のメリットは、サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べることです。

優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。

ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)

 

それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?

その答えは、こちらの記事に全て書いています。

おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!

 

本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。

 

ひとつはハッピーメール

私が12年間使っており、真面目な出会い(=彼女づくり)では最大の実績を挙げているサイトです。

無料でハッピーメールをお試しする

 

二つ目は、PCMAX

これも12年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。

無料でPCMAXをお試しする

 

最後に、ワクワクメール

ハッピーメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に20代女性に出会いたいなら必須です。

無料でワクワクメールをお試しする

 

上記3つのサイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。

無料でお試しできる複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。