出会い系 性病


ぼっちです。


今日もYahoo!知恵袋からこのブログでは扱ったことのない質問をいただいてきました。


今回のテーマは「性病」です。さっそく質問を見てみましょう。

出会い系サイトで会った女の人とHしたんですが、1発目はゴムありだったんですが、2発目生でしよと言ってきて、生でしてしまいました。
出会い系サイトの女は性病持ちの人は多いですか?
もしかかってたら何日くらいで症状がでますか?

向こうが執拗に迫ってきたのでやってしまいました。



めっちゃ深刻な悩みですね。


性病は、男性の出会い系ユーザーからするとかなり心配の種になる問題です。
彼女募集ならまだしも、セフレづくりやワリキリで出会い系サイトを利用している人にとっては、かなり敏感な話題ではないでしょうか?


私自身はワリキリはあまりしませんが、セフレづくりは「11年間、常に」やっていますので他人事ではありません。


当人以外、特に真面目な方からすると「生でする方が悪いんだよ。自業自得!」という感じだと思いますが、相手の女性から生OKと言われ、しかも執拗に迫られてしまったら、誘惑に屈してしまうかもしれないですよね。


というわけで、「出会い系サイトの女性に性病持ちは多いのか」「性病にかかっていた場合、どのくらいで発症するのか」にお答えします。


ただし、「生でエッチしたいが、性病にはなりたくない」という方もいると思うので、それについても追加でお答えしていきます。


早速まいりましょう。

出会い系サイトで性病持ちは多いか?

出会い系サイトに性病持ちは多いか。


これはあなたがどんな出会いをした女性なのかによります。
2パターンあります。

彼女を作る目的で出会った子の場合

まず、彼女を作る目的で、ポイント制の出会い系でいう「ピュア目的の女性」「ピュア掲示板に投稿している女性」に出会った場合。もしくは、ペアーズやラブサーチ、マッチドットコム、withなどの「真面目な出会い」のサイトで出会った場合ですね。


出会い系サイトで彼女を作る方法


この場合には、性病持ちはゼロではないですが、多くありません


出会い系で知り合ったとはいえ、相手は普通の女性だと考えていいです。経験人数は、0~5人くらいまでの女性がほとんどで、多くの女性が彼氏以外とはセックスしたことがない子たちです。(経験上)


しかしながら、相手から「生でOK」といってくる女性である場合には、危険性は跳ね上がります。


今までの彼氏は100%生でのセックスだったでしょうし、その彼氏にヤリチンがいたら性病である確率は高いのです。


普通に出会い系で彼女を作ろうとして知り合った子なのであれば、会社や学校で出会った子と同じくらいの性病リスクだと思ってよいです。

セフレ、ワリキリで出会った子の場合

これは危険です。
この方法(↓)で出会ったセフレなら上記の「彼女を作る目的で出会った子の場合」と同じで割と安全だと思ってよいのですが、それ以外なら危険性は高いです。


出会い系でセフレを作る方法【私自身の体験談あり!】


ポイント制の出会い系サイトでいう「アダルト掲示板」からセフレになるような「リアルビッチ素人」は少ないですが、存在はします。セックスしたいけど、どうせならお金貰ってやりたいな~みたいな頭の弱い子とか、たまにいます。


そういう女性や、「セミプロ」と呼ばれるワリキリ女性は、100人以上の不特定多数の男性とセックスしている可能性が高いです。


しかも、あなたに生ハメさせたとするならば、他の男性にもさせていると考えるのが妥当でしょう。あなただけに特別に生をOKにしていると相手は言うかもしれませんが、そんなことはありえません。


気になるならば性病科、もしくは泌尿器科に行ってみることをお勧めいたします。

生中出し愛好者はどのように予防しているのか?

最後に、生中出し愛好者はどうやって予防しているのかについても、少しだけ触れておきましょう。


実際に生中出ししまくっている男性から聞いた話ですが、性病予防はあまりしていないようです。女性器に性病の兆候があるかどうか位は見るでしょうが、予防まではいきませんよね。


しかしながら、クラビットなどの性病に効く抗生物質を常備している人は多いですね。いちばんポピュラーなクラミジアくらいならすぐ治りますし、そもそも医者でも抗生物質で治すのが性病ですからね。


普通に医者に薬を出してもらうこともできますが、「予防です」では出してもらえないので、インドなどからまとめて後発医薬品(ジェネリック医薬品)を個人輸入している人もいますし、個人輸入している業者から買っている人もいます。

性病は何日で発症してしまうのか?

次に、性病発症までの期間についてです。いわゆる「潜伏期間」についてですね。


どの性病かによって潜伏期間は大きく異なりますが、性病は一般的に発症が遅いといわれています。


かなり一般的な性病に限って目安を書いておきます。詳しく知りたい場合には、医師が監修しているサイトをご覧になることをお勧めしますけどね。


日本で最も多いSTD(性感染症)である性器クラミジア感染症は、発症まで2~3週間が一般的です。ただし症状が弱めですので、気づけない人も多い病気です。


次に、淋病(淋菌感染症)は発症まで2~9日と早め。男性が淋病になると、尿道に膿が出てきて、排尿痛があります。


一番怖いエイズ(HIV)は潜伏期間がめちゃくちゃ長く、数年~何十年という単位です。


その他、ヘルペスは2~10日程度で発症、B型肝炎が1~2ヶ月程度で発症、梅毒が3週間から3か月で発症、尖圭コンジローマが3週間から8ヵ月で発症、などが一般的に言われる性病発症までの目安ですね。


(※ 繰り返しますが、当サイトは医療サイトではないので、身に覚えがある場合には性病科、泌尿器科、婦人科等に行くことをお勧めいたします)

性病(STD)は嫌だが生セックスしたい場合にはどうするか?

最後に、「性病(STD)になるのは嫌だが、どうしても生セックスしたい場合はどうするか」についてお話ししましょう。


これは、「彼女に出来ると判断した女性だけと生セックスするようにする」に尽きます。


結局、彼女と結婚して子作りするときは生セックスなので、それと同じ条件でエッチすれば、最も性感染のリスクを低くしつつ、コンドームなしの生エッチが可能です。


しかし、これは解決策じゃないですよね(笑)
彼女以外の女性と生でエッチするから興奮するんだ!って方もいるでしょうし。


その場合にはこの方法しかないんじゃないでしょうか。


出会い系PCMAXでセフレ・ヤリ友を作る為の全知識【2018保存版】


要は「彼女になりうる普通の女性をセフレ化していく」ってことです。セフレにすれば、ピルを飲んでもらって生中出しとかも結構OKしてくれる子が多いです。


時間と手間がかかることは間違いないですが、私がいつもやっている方法なので、続けていけば当たり(うまくセフレに出来る子)が出てくるのは間違いないです。


それでは、今回はここまでとします。
お読みいただきありがとうございました。


ぼっち



毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。