出会い系 警察 詐欺

 

出会い系サイトで詐欺被害に遭った場合にどうすべきか。今日はこの話をします。私自身、詐欺出会い系サイトにだまされたのが出会い系サイトとの長い付き合いの始まりですので。

 

結論から言うと、警察に言っても、詐欺に遭った額を取り戻すのはかなり難しいので、弁護士のほうが有効です。適当に言っているわけではなく、弁護士ドットコムの回答や、実際に詐欺に遭った人の口コミ、自身の経験等を踏まえて言っています。

 

詐欺罪が成立するのかどうか?

まずはあなたがされたことが、詐欺になるかどうかです。出会い系サイトのなかで、だれかに「まずはお金を振り込んでください、そうすれば・・・」のような形でお金を支払ったにも限らず、その見返りがないのであれば、それは明確に詐欺にあたるでしょう。

 

しかし、バカ高い料金を払ったというだけであれば、詐欺になるかどうかはわかりません。どんな詐欺サイトでも、利用規約の中などに料金表が書いてあり、少なくともポイントを購入する際には、同意して支払った額だと思われるためです。

 

ぼったくりとコスパがめちゃくちゃ低いことの境目は難しいです。優良出会い系サイト「ワクワクメール」や「ハッピーメール」でいえば、メール1通の金額は50円です。同じくきちんと会えるサイトである「Jメール」は70円。「華の会メール」は100円です。

 

これに対し、一般的な悪質サイトでは500円程度です。これだけで、ぼったくりといえるかどうか。少なくとも、だまされた人は「使っていた時点では」妥当な額だと思っていたわけですから、ぼったくりの立証が難しいです。

 

金額の問題ではなく、いわゆる「サクラ」、つまり存在しない架空の異性とメールをさせられたのが問題で、これが詐欺だと指摘したい場合もあるでしょう。

 

それは確かに詐欺なのですが、立証できますでしょうか?相手がサクラのバイトを雇って使っているというあなたの読みは当たっていると、私も思います。しかし、立証はかなり難しい。

 

このように、詐欺があったことを証明するのは困難を極めるのです。しかも、規約で「このサイト内でのやり取りはエンターテイメントである」とか「会員は実在しない」とか書いてあることもあり、この問題をいっそう難しくしています。

 

・・・と言われてしまうと、困ってしまいますよね。

 

警察官は、出会い系詐欺の素人中の素人

そう、実はそんな訴えを持ってこられても、警察官も困ってしまうのです。だまされたというけれど、警察が介入すべき「刑事事件なのかどうか」がそもそも怪しい。訴え出ても、「一応、被害届書いておいてください」で終わる可能性が高いです。

 

被害届を出そうとしても、警察に受理されない例も実際にありました。(詳しくは書いてありませんでしたが、先ほどの「そもそも詐欺なのかどうか?」という点がネックになったものと思われます)

 

弁護士ドットコムの回答でも、警察は規模が大きくならないと動かないと言われています。

 

警察は,多数の被害者が出るようなケースでないとなかなか動かないようです。まずは民事で返還請求をするのが良いかと思います。(泉本 宅朗 弁護士の回答を、弁護士ドットコム様より引用)

 

そもそも普通の警察官はネット犯罪の素人なので、それに精通した部隊が動くレベルの事件でないと、動かないということなのでしょう。

 

さらに、そもそも論ですが、警察がやるのは「犯罪者を罰する」ことなので、万一加害者が逮捕されても、あなたのお金が返ってくる可能性は小さいと思います。

 

相手に支払い能力がなければ意味がないですし、そういった(本当の意味での)ブラック企業が、逮捕の対策をしていないことは考えられません。

 

弁護士なら、詐欺被害額を取り戻せる可能性がなくはない

それでは詐欺で奪われたお金を取り戻せる可能性はゼロなのか、というとそうでもありません。

 

出会い系サイト被害専門の弁護士であれば、可能性はあります。実際、返金事例などをうたっている弁護士事務所もあります。

 

詐欺出会い系サイトは、暴力団のフロント企業などの「企業」によって運営されています。通常、企業には、代表取締役を含めて公的な登録がありますから、「カネを取り返す」主体はいるわけです。

 

そこに対し民事訴訟を起こせば、示談金などをとれる可能性はあります。相手も、せっかく作った企業やサイトを、まだ稼げているタイミングでは捨てたくないはずです。ダミー企業だとしても、企業を作るのはタダではないですし、サイトも製作費がかかります。

 

出会い系犯罪が詐欺に当たるかどうかのあいまいさを理解し、相手企業の弱みに付け込める優秀な弁護士であれば、お金を取り返した事例もあります。

 

ただ、ここでひとつ考えていただきたいことは、あなたの被害額がいくらなのかです。被害額が数十万、100万円を超えているような人は、この方法でも取り返すべきかもしれません。

 

しかし、10万円に満たない程度の被害額であれば、弁護士への相談料、着手金などを支払ってでもやるべきかどうかは怪しくなってきます。弁護士もただ働きしてくれるわけではないのです。

 

もちろん悪をのさばらせておくのは問題ですし、出会い系サイトのヘビーユーザーとして許せません。しかし、弁護士を使うことで損失額が拡大する可能性があるのであれば、少し立ち止まって考える価値はあると思います。

 

もちろん、自分がどんなに損してでも詐欺業者に正義の鉄槌を下したいんだ、もはやお金の問題ではない、という場合にはこの限りではありません。

 

私ならどうするか

最後に、私ならどうするか。被害額が30万円を超えている場合、無料相談をやっている弁護士に相談し、対応を判断します。「出会い系専門」は少ないですが、「インターネット犯罪専門」は結構いますので、そういう弁護士に相談することが大事です。

 

被害額が30万円以下の場合、勉強料だと思って諦めます。もちろん、訴訟を起こして相手をやっつけたい想いはありますが、これ以上、詐欺業者にかかわることでお金を使うのはもっと嫌だと思うので、金輪際かかわらないようにします。

 

訴訟費用というのはかなりかさむものですし、何より勝ったとしても帰ってくる可能性が低いです。

 

相手はあなたとは違い、社会のゴミだということを念頭においてください。いざとなれば、法人をたたんで(倒産させて)雲隠れしたり、新たな法人を立ち上げたりしてもいいですし、そもそも支払い能力があるのかどうかすら怪しいのです。

 

この記事にたどり着く方は、非常に憤慨しているか、困っている可能性が高いと思います。よくわからない方は、無料の弁護士相談等のご活用をおすすめします。

 

P.S.
ご参考までですが、私が昔だまされた詐欺業者のサイトは、ノエルグランデといいます。サクラ100%で出会えないうえに、以下のような超高額の料金でした。

 

メール送信:70pt
メール返信:70pt
写真閲覧:50pt
メールアドレス送信:500pt(男性のみ)
携帯メールアドレス送信:500pt(男性のみ)
電話番号送信:1000pt(男性のみ)
アドレス・電話番号同時送信 1500pt(男性のみ)
アドレス・電話番号添付メール開封 300pt(女性のみ)
プロフィール閲覧:50pt
プロフィール検索:1pt

 

こちら、1pt=10円です。つまり、メールの送信1件に700円、メールアドレスを教えるのに5,000円、電話番号とメールアドレスを送るのに15,000円掛かっていたということです。

 

信じられませんが、私はこの料金(ほんの少しの間ですが)払っていたんですよね。盲目になった男って、馬鹿だなあと思います。(私だけか)

 

「それを言ったらおしまい」ではありますが、お互い、こういうサイトにはそもそも騙されないようにしていきたいですね。

 

絶対に騙されたくない方はこちらへどうぞ。知名度も高いので、会えることはご存知なのではないでしょうか?

 

ハッピーメール

 

それでは、また。

 

ぼっち


注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

初心者が出会い系を安心・安全に使うには?

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

出会い系サイトやマッチングアプリは、適切に使えばたくさんの異性と会える素晴らしいツールです。(だからこそ、10年以上継続して使ってきています)

 

ただし、以下のように一歩間違えれば危険な業界であることも事実です。

  • サクラに騙されることがある
  • キャッシュバッカーに無駄なお金を使わされることがある
  • どんな優良サイトであっても援デリ業者や外部サイト誘導業者が紛れ込む
  • 業者に個人情報を教えると流出の危険性がある

 

このように、出会い系業界自体は「使い方を間違えると」危険です。

出会い系にかけてはベテランの私でさえ、そう思います。

 

しかしながら、出会い系の危険性の出所を考えると、危険性のほとんどがサイト選びの失敗から来ていることが分かります。

 

サクラがいるのは詐欺出会い系サイトのみであり、優良出会い系サイトには存在しません。

キャッシュバッカーはキャッシュバック率が高い一部の出会い系サイトで活動するので、優良サイトでは気にならない存在です。

 

どんなサイトにでもいる業者は、優良サイトであれば圧倒的な速さで削除してくれます。

個人情報を渡す前にサイト側で業者を削除してくれれば、メールアドレスや電話番号等の流出もあり得ないのです。

 

つまり、優良サイトを使うことで、危険性は飛躍的に下がるのです。

 

それでは、優良サイトとはどこなのか?

言い換えると、サクラがおらず、キャッシュバッカーも少なく、業者を速やかに抹消してくれるサイトは、どこなのか?

 

一つの答えは、ハッピーメールです。

おすすめ出会い系の記事でお話したとおり、私の出会い実績も最高のサイトですが、それを別にしてもハッピーメールは初心者におすすめです。

 

その理由は、サクラがおらず、キャッシュバッカーが非常に少ないのは当然として、業者の削除スピードが本当に早いからです。

さらに、ハッピーメールはポイント制の出会い系であるため、女性は当然無料で、男性も無料登録時のポイントでしばらく遊べるため、「初心者のお試し」にはぴったりなのです。

 

「優良出会い系サイトはどこか?」に対するもう一つの答えが、ペアーズです。

 

2020年現在、非常に勢いのあるサイトなので、説明不要かもしれません。

知り合いにバレないフェイスブック連動での登録の効果もあり、ペアーズは真面目な出会いでは最強クラスといえます。

 

ペアーズの欠点は、月額定額制の料金体系のため、ある程度真剣でないと、利用し始めること自体のハードルが高いこと。

「お試し期間」のようなものがないので、男性はいきなり有料で使い始めることになります。(※ 女性は登録から利用まで全て無料)

 

以上のことから、安全に出会い系を使いたい初心者の方のサイト選びとしては、

  • すでにやる気満々ならペアーズ。
  • まだ少し不安で、出会い系をお試しで使いたいならハッピーメール。

がおすすめ。

 

安全・安心に出会い系サイト・マッチングアプリを利用したい初心者の方は、この選び方であれば間違いありません。