出会い系 注意


「出会い系って素人いるんだよな?メール送っても全く反応ないんだけど」
「何通送っても女性からの返信が来ない。なんでこんなに無視されるんだろう?」
「ちゃんと相手のプロフィール見てメッセージ考えてるのに、返信率がめちゃくちゃ悪い」


あなたがもしこのように思っているとしたら、送ってはいけないメッセージを相手に送ってしまってるのかもしれません。


出会い系におけるファーストメール(お相手への最初のメッセージ)は、出会い系で相手に会うために、最も重要なことだと言っても過言ではありません。
なぜなら、ファーストメールを返してもらわなければ、二人のやり取り自体が始まらないからです。


しかしながら、多くの男性が、返信してもらえないメッセージをファーストメールとして送ってしまっている、という現実があります。
そのせいできちんと返信してもらえず、メールのやり取り自体に進めない人が多いです。


出会い系で女性から返信をもらうことは簡単なことではないのですが、きちんと押さえるべきポイントを押さえていれば、一定以上の確率で返信をもらうことができます。


今日は、出会い系で送ってはいけないメッセージと、逆にどのようなメッセージを送ればいいのかということについて、お話ししていきたいと思います。

メッセージ1:こんにちは!都内で会社員をしている、ケンタといいます。



まずはこちらのメッセージ例を見てください。


題名:こんにちは!
本文:
プロフ見て、いい感じだなって思ってメールしました。
都内で会社員をしている、ケンタといいます!
ちゃんと付き合える人を探してるので、仲良くなってから会えたらいいですね。
それじゃあ返事まってます!


このメッセージについて、どこが悪いのか分かりますか?


まず、致命的なことが一つあります。
女性からすると、このメールは「コピペなんじゃないか?」と思ってしまうということです。


その人にしか送れない個別の内容がないですし、相手の名前も入っていないからです。
コピペすればだれにでも送れてしまうメールだからです。


ですので、ファーストメールには最低2箇所に相手の名前を入れましょう。
さらに、相手のプロフィールを見て、そこから「なぜ相手にメールしたのかの理由」を抽出し、メッセージに書きましょう。
例えば、「僕もミスチルが大好きなのでメールしました」程度で十分です。

もう一点、悪いとまではいかない点なのですが、ちょっとこのメッセージは普通すぎます。
実は、出会い系では女性というのは少なくても1日2~3通、多い人になると、1日何十通ものメールを受け取っているのです。
(登録したての場合)


そんな中で、「こんにちは!」という題名のありふれたメールを開くかどうかが、まず問題です。
さらに、中身を見ても一般的なことが書いてあり、名前も非常によくある名前で、なおかつ突っ込めるようなポイントもない場合、どのように返信したらいいかわからず返せない、という女性は多いです。


サイトによって題名の欄があったりなかったりするのですが、題名がある場合には、多少ふざけていたとしても相手の好奇心をくすぐるような題名にし、まずは開いてもらうことが必要です。


例えば、広告宣伝(コピーライティング)の技法を用い、「もしかして・・・」や、「どうしてもダメでしょうか?」などの題名にするだけでも返信率は上がります。


迷惑メールっぽい題名だな、と思った方がいらっしゃるかもしれませんが、その通りです。
思わずメールを開けてしまう人がいるからこそ、迷惑メールの題名はこのような形になっているのです。


それに、ここは迷惑メールフォルダではなく、出会い系サイトのメールフォルダです。
他の人が「こんにちは」や「初めまして」などという面白みのないメールを送りつけてくる時に、相対的に目立つメールがあれば、それだけで開いてしまうのが人間です。


他にも、名前を目立つものにする、というテクニックがあります。
大体女性のメールフォルダーに並ぶ男性の名前は、 けんたさんとか、高橋さんとか、しんじさんとか、そのような名前でしょう。


その中で、例えばですが、「アジア旅行の鬼」さんがいたらどうでしょうか?
確実に目立ちますし、「そんなにアジアが好きなんですか?笑」と絡みたくなる人もいるでしょう。


しかも、この場合のメリットはそれだけではありません。
女性というのは旅行が好きですので、「この人とメールしたら旅行のことをすごい詳しく教えてくれるかも?」と言うメリットさえ感じさせる名前なのです。


若干ふざけていると思った人もいるかもしれませんが、男性が大勢の中の一人になってしまいがちな出会い系サイトにおいては、こういったテクニックを用いて目立たせようとするのは非常に有効な戦略だと思います。

メッセージ2:セフレ募集中です!



出会い系はエッチな出会いをする場だと思っている人が多いです。
ですので、エッチしましょうだとか、セフレになりましょうだとか、直接そういったことをメッセージに書き込んでしまう男性が意外といます。


これはもちろんNGです。


仲良くなれば、どんな女性もエッチはしてくれます。
しかし、まだ関係性が何もできてない段階で、エッチな話題に食いつくのは、間違いなくデリヘル業者になります。


ですので、相手への最初のメッセージで「セフレ」だとか「エッチ」だとかそう言った言葉を出すというのは、騙されに行っているようなものです。


なぜなら、そのメッセージで釣れるのはデリヘル業者だけだからです。
彼女たちは喜んでエッチなことをしてくれると思います。ただし、お金は必要です。


「次からは無料でいいから、不安なので最初は2万円だけちょうだい」などと言ってくることが非常に多いので、こういったセリフが出たら、間違いなく撤退するようにしましょう。

メッセージ3:僕の趣味も、旅行なんです。〇〇さんはどんなところへ行きますか?



これは相手の趣味が旅行だった時に使った(という想定の)ファーストメールです。


一見すると、このメッセージは悪くないように見えます。
実際、これで返信が返ってくることも十分ありえます。


ただ、さらに返信率を上げるには足りない点があります。


それは食いつきです。


本当にあなたの趣味が旅行なのであれば、もう少し情報を足し、 リアリティを上げてください。
例えば年に3回も同じ国に行ってしまったのであれば、その情報を足しましょう。
行った国で何か面白いトラブルにあってしまったなどがあれば、その情報を出すべきです。


要は、相手の女性のプロフィールにあなたが絡みに行った状態なわけです。
今度は相手の女性からあなたのメッセージに絡みに来てもらわなければなりません。


そのためには、話を聞きたくなるポイント、思わずツッコミを入れたくなるポイント、そういったものをきちんと用意してあげなければいけないのです。


紳士的・教科書的な文章を書くのは簡単ですけれども、 返信率は悪いです。
あなたの本当の姿が伝わる、個性的な文章を入れてください。

出会い系でのメッセージは、読まれなきゃ意味がない



あなたはきっと真面目な人だと思います。


出会い系にすでに登録しているかしていないのかはわかりませんが、このブログを読んで、出会い系の仕組みやメッセージの書き方について情報収集されていることは確かです。


しかしそんなあなたの人柄も、あなたのメッセージを顧客に読んでいただけなければ、相手には伝わりません。
なので、若干過激な手法を使おうとも、まずはメッセージを相手に届けることが重要です。


今回の記事では、「そんなバカな」 という批判を受けるのは承知で、私が反応率を高めるために使っているテクニックをお伝えしました。


「これは使えるかもな」と思ったところだけでも、ぜひ出会い系で実際に使ってみて、効果を実感していただけると嬉しいです。


出会い系におけるメッセージのやり取りの基本はこちら。
5分で身に付く出会い系メッセージテクニック講座


それでは、また。


ぼっち


ちなみに、私が最もよく使っている初心者向けサイトは、ハッピーメールです。
サイト選びを間違えると出会えないので、参考にしてください。



注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(それなら風俗の方がいいです)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用することをおすすめします。

ハッピーメール」や「PCMAX」のような正しいサイトで、正しい攻略法を使ったとしても、最初はある程度の「慣れ」が必要です。


毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ハッピーメールとワクワクメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならハッピーメールが強く、エッチな出会いならばPCマックス、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはハッピーメール
私が12年間使っており、真面目な出会い(=彼女づくり)では最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも12年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ワクワクメール
ハッピーメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に20代女性に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。