出会い系 カラオケ

 

今日も、割とえぐいというか、下品な話になります。

ですので、女性の方だったり、男性でも「真面目な出会いしか目指してないよ!」という方は別の記事に言っていただいた方がいいかもしれません。

 

今回のテーマは、連れ込みです。

ナンパ師のゴールとなるこの行為は、出会い系でも結構役に立ちますよ。

 

ナンパ師のゴールとは連れ込みである

ナンパ師のゴールが何か、ご存知でしょうか?

 

ラインやメアドなどの連絡先を交換(=番ゲ)すること?

後日のデートを取り付けること?

 

ナンパ師によってはそれをゴールに設定している人もいるのかもしれませんが、レベルの高いナンパ師は「エッチできる場所への連れ込み」がゴールです。

 

いわゆる【即】というやつで、ナンパして即、エッチに持ち込んでしまうということですね。

もちろんそれが無理だとわかれば、後日のデートや番ゲ(番号ゲット)につなげます。

 

ただ、いくらナンパ師でも、これは容易ではない行為です。

 

ナンパ師はエッチに持ち込むどころか、「自分と一緒に行動してもらう」ハードルから攻略を始める必要があるからです。

そもそも信頼度ゼロから始めていますから、ナンパ師にとっては即をすることどころか、ついてきてもらうことさえ難しいのです。

 

出会い系での連れ込みはカンタン

一方で、出会い系で出会った場合には、着いてきてもらうことは簡単です。

 

すでについてきてもらい、デートをする約束は出来ているのですから。

よほど見た目に難があったり、虚偽記載をしていたりして怒られない限り、ブッチ(ドタキャン)されることは稀です。

 

ですから、出会い系ではある程度信頼関係が出来たところからのスタート。

ゲームで言うと、「強くてニューゲーム」で特典(アドバンテージ)をもらったところからのスタートと言えるほど良い状況で始まります。

 

ですから、実は「エッチできる場所への連れ込み」も割とやりやすい状況にあったりします。

 

ラブホテルへの連れ込みは難しい。カラオケを目指すべし

とはいえ、エッチできる場所、といってもいきなりラブホテルについてきてくれる子は稀です。

ですから、多くの場合にはカラオケ、たまにネカフェ(ネットカフェ)も候補になると思うのですが、ここへの連れ込みを目指します。

 

ベテランのナンパ師が「2即」などをするときには、ラブホテルなんて言うものは使いません。

カラオケでエッチして、解散して、また次の子を狙うというサイクルです。

 

ですから、出会い系からでもカラオケへの連れ込みを目指せば、即の可能性はあります。

 

カラオケは、実は結構エッチできる(少なくとも本番一歩手前くらいは余裕でできる)場所ですが、女性の警戒心は低めです。

相手がカラオケ好きかどうかにもよりますが、ここへの連れ込みは比較的容易にできるのではないでしょうか。

 

カラオケに連れ込んだら和んでからぎらつく

正直に言って、今回書いていることはもともとはナンパ師がやるようなことです。

だから、誰でもできることではありません。

 

カラオケに連れ込む、ここまでは結構、相手の女性によっては出来る人もいると思います。

しかし、勝負はここからです。

 

ここから、ナンパ師が「和み」そして「ぎらつき」と呼んでいる工程をこなす必要があります。

 

和みはそのまま、仲良くなることですね。紳士的な感じで仲良くなることなく、やや軽めに仲良くなるのが重要です。

(この後のぎらつくのが難しくなるから)

 

ここまでは出来る人も多いですが、ここからが難しいです。

次が難関、ぎらつきです。

 

  • エロトークをする
  • ボディタッチをする

 

すんごい単純化するとこの2つでエッチする雰囲気に持っていく、というだけなのですが、奥が深い分野。

「ナンパ ぎらつき」とかで検索すると色々出てきますよ。

 

出会い系はナンパ師がやるとすごい確率で即エッチになる

出会い系は、ナンパより有利な状態から始まるという話をしてきました。

 

ですので、「ぎらつき」がうまいナンパ師が出会い系を使うと、すさまじい確率で「当日の即セックス」になります。

 

もちろん、出会い系を使うネットナンパはストリートナンパとは違い修羅の道ではないので、そこまでする必要はありません。

草食系男子でも出来るのが、出会い系の良いところだったりもしますからね。

 

しかしながら、少しでもストリートナンパのエッセンスを入れておくと、かなりエッチしやすくなるのも事実。

カラオケやネカフェに連れ込めたら勝ち、といえるほどのテクニックになれば、ずいぶん楽しくなりますよ。

 

あなたの参考になれば。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる