JK JD 出会い系

 

このブログの色々なところに書いていますが、私は出会い系サイトを大学時代に始め、今では11年以上出会い系サイトを使い続けていることになります。

 

これ自体はそれ以上でもそれ以下でもないことなのですが、11年も出会い系サイトをやっていると、色々なことに遭遇します。

 

そのうちの一つに、出会い系サイトで出会って、付き合っていた18歳の女子高生(JK)が、晴れて女子大生(JD)になることがあります。(ありますというか、今時ほとんどのJKは大学を目指しており、実際に大学に行きます)

 

私はこれを2度ほど経験していますので、今回は「出会い系で会ったJKがJDになるデメリット」についてお話してみたいと思います。

 

出会い系でJKと出会うのはカンタン

まず、もしかしたら「出会い系でJKと出会う」ということ自体が疑わしいと思っている人もいるはずなので、その話をします。(そうでない方はこの部分を飛ばしてください)

 

出会い系でJKに出会うことは、実は少なくありません。事実、出会い系ではJKに出会う機会があることは、当サイトでも色々なところで語ってきました。→出会い系でJKに出会う方法

 

最近も、AV女優の橋本ありなさん似のJK「あん」ちゃんとJメールで出会った話をしましたね。出会い系サイトというのは、数少ない「大人になってからでも女子高生と合法的に付き合える」ツールの一つなのです。

 

あとはJKリフレとかJKお散歩で知り合うとかもあるのかな。(摘発されそうですけどね)

 

それ以外で言うと、TwitterみたいなSNSか、出会い系のどちらかしかないと思います。Twitterは最大の逮捕者を出した「警視庁発表の犯罪が多いサイト」1位であり監視されているので、個人的にはおすすめしません。

 

出会い系で会ったJKがJDになるデメリット

そうして出会ったJKですが、残念ながらお別れの日はやってきます。18歳の肌のハリというのは最高ですし、JKとエッチしているという背徳感もゲス人間の私にとっては最高なのですが、手放す日がやってきてしまうのです。

 

賢明なる読者の皆様からすれば、どのタイミングでそうなりやすいか、もうわかっているのではないでしょうか。

 

そうです。JKにフラれやすい(JKに新しい出会いがあって別れやすい)タイミングとは、JKがJDになるタイミングなのです。経験上ですが、大学1年になった5月が鬼門です。

 

このタイミングで、JKが自分から同年代のチャラ男に巣立っていくことが少なくありません。JD→社会人、社会人→他の会社への転職というパターンも経験していますが、この時に別れる確率よりも、JK→JDの方が圧倒的に別れやすいので注意したいところです。

 

JKと別れたくないなら

JKと別れたくない場合に男性がやりがちなのが、「束縛」ですが、束縛は逆効果です。束縛する彼氏より、束縛とは無縁そうなクラスメートの方が圧倒的に魅力的に見えますので、絶対にやらないでください。

 

JKとどうしても別れたくない場合、勝負は大学進学前です。はっきり言って、「めちゃくちゃ好かれている(愛されている)」というステータスまで持っていけていないと、大学進学直後の解放感と周りとの交流により、フラれてしまう確率が結構あります。

 

あなたが本気中の本気であり、即結婚してもよいのであれば、妊娠させてしまうというのも一つの手段として考えなくてはいけないくらいに危険なタイミングです。

 

私の大学時代にも妊娠して休学している同級生はいましたし、彼女を妊娠させて結婚するのは褒められた行為ではありませんが犯罪でもありません。最終手段としては考えてもいいでしょう。

 

出会い系で会ったJKがJDになるデメリットのまとめ

JKがJDになると、解放感と周りからのアプローチにより、別れる危機になることが多いです。これがJKがJDになる最大のデメリットですね。

 

他には、人にもよりますが「JKが彼女というステータスがなくなる」「バイトやサークルで忙しくなって会えなくなる」「彼女に出会いがありまくって不安」ということを感じる人も多いようです。

 

不安をあおるつもりはないのですが、経験上「彼女がJDである期間は、彼女に他の出会いがめちゃくちゃ多いフィーバー期間」なので、JDの彼女からはめちゃくちゃフラれやすいです。これは、JKや社会人、ニートやフリーターとは比べ物にならないくらいだと思います。

 

JDの彼女をキープしたい方は、ウザくならず束縛せず、それでいて彼女のそばにいなければならないので、結構大変です。今が一番大事なので、気を引き締めてかかりましょう。

 

以上、今回は「出会い系で会ったJKがJDになるデメリット」についてお話してきました。あなたの参考になれば幸いです。

 

 


毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。