出会い系 JC

 

「犯罪臭いタイトルだな」と思ったかもしれませんが、当サイトは違法なことはおすすめしない方針なので、安心してください(笑)

 

というわけで、今回のテーマは「出会い系で中学生と出会ってしまったら」になります。

 

出会い系でJC(女子中学生)と出会うことはあるか

まず、出会い系で中学生と出会うことは、めちゃくちゃレアですが、ゼロではないという感じです。

 

優良出会い系であればきちんと年齢確認しているため、基本的には中学生は入ってこれません。しかしながら、親の免許証を借りたり、親のクレジットカードを借りたりして年齢認証を潜り抜け、出会い系を使ってしまう子は結構います。

 

こういう子のほとんどは「高校生」であるため、16歳や17歳のJK(女子高生)に出会ってしまうことは意外と多いのが出会い系なのですが、さすがに13~15歳のJC(女子中学生)に出会うことはめったにありません。

 

どのくらい少ないかを具体的に言うとすれば、11年間ガンガン出会い系を使ってきた私でも2回です。JKには一桁多く出会っていますので、JCはさすがにレアだといえるでしょうね。

 

JC(女子中学生)は危険極まりない。

当サイトの読者に言うのは「釈迦に説法」な感じがしますが、中学生は危険極まりないです。

 

18歳のJKとエッチしても合法ですし、JKであれば(エッチせずに)17歳からキープするという手もあるでしょう。というか、そもそもきちんとお付き合いする気があり、それを証明できるのであれば、17歳以下のJKとエッチしても法的に大丈夫です。(そうでないと、女性は16歳から結婚できることの説明がつきません)

 

このように、JKはいくらでも扱いようがあるのですが、JCとなると話は別です。

 

JCの恐ろしさを日本でいわゆる「強姦罪」と呼ばれている強制性交等罪とはどういうものかをWikiより引用します。

 

強制性交等罪
暴行又は脅迫を用いて13歳以上の人に性交、肛門性交又は口腔性交(「性交等」)、または、13歳未満の人間に性交等をすることを内容とする犯罪である。

 

というわけで、相手が13歳未満だった場合、問答無用でレイプ犯です。完全にブタ箱行きです。

 

合意があろうが両親が認めたお付き合いだろうが、アウト。「13歳未満って中学生じゃなくて小学生じゃねーか」と思ったかもしれませんが、中学1年生にも12歳はいるので要注意です。

 

私の地元の中学では、おじさん相手に援助交際をしていると噂されている女子がいましたが、もし本当だとすれば相手は相当危ない橋を渡っていたことになるでしょうね。

 

出会い系でJCと出会ってしまったら

というわけで、あなたが思いがけず出会い系でJCと出会ってしまったら、すぐに帰した方がいいです。私は2回ともそうしています。

 

あなたがJCと知っていたか知っていなかったかによらず、JCとエッチしたら逮捕されます。その時には良くても、絶えずその可能性におびえることになります。ですから、怪しいと思ったら年齢確認は怠らないようにしましょう。(とはいえ、最近のJCには大人びている子もいて、結構判断が難しいんですけどね)

 

おそらく「お食事」とかで会う約束をしたのだと思いますが、本当であれば出会って一緒にいたという事実すら危ないので、ラインやメールなどは今後一切取らず、会ったけど中学生だったからすぐに帰らせた、という事実を作った方がいいです。一緒に写真を撮ったりするのもやめた方がいいですし、2人で個室に入るなどは言語道断なので、絶対に避けてください。

 

中学生が「児童売春」で逮捕された場合、スマホから芋づる式に「買春側」も逮捕となります。その際に、明らかにエッチしていた人が逮捕されるわけですが、エッチしてなくても出会い系で出会っていた時点で「疑わしい人」にはなるので、捜査の可能性はあります。(もちろん、何もしていなければ結果的には逮捕はありません)

 

最後に、相手が日本における「ストリートチルドレン」に近い存在であることもあります。そういうときは、きちんと話を聞いて、しかるべきところに届けるのも大人の義務です。(大体の大人や施設はそういう子たちの味方じゃないので、難しいんですけどね)

 

以上、今回は「出会い系で中学生と出会ってしまった時の対処法」について書いてきました。ここだけは対処法を間違えるととんでもないことになる部分ですので、気をつけてくださいね。

 

ちなみに、JCはダメでも、18歳JKとのエッチは合法です。

それで我慢できるという方は、10代の在籍率が高いこちらへどうぞ。

ハッピーメール

 

あなたの参考になれば。

 

 


注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(それなら風俗の方がいいです)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用することをおすすめします。

ハッピーメール」や「PCMAX」のような正しいサイトで、正しい攻略法を使ったとしても、最初はある程度の「慣れ」が必要です。


毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ハッピーメールとワクワクメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならハッピーメールが強く、エッチな出会いならばPCマックス、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはハッピーメール
私が12年間使っており、真面目な出会い(=彼女づくり)では最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも12年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ワクワクメール
ハッピーメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に20代女性に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。