出会い系 H

 

出会い系と言えば、エッチが出来る。

 

本当ならば「出会える」というのがセールスポイントになるはずですが、ややアンダーグラウンドなイメージも手伝って「出会い系なら、やれる」というイメージを持たれている方も多いと思います。

 

実際、出会い系はエッチが出来ます。セフレも作れます。

このサイトでは、割と正直にそこら辺の事情もお伝えしてきたつもりですが、それにしても「出会い系を使っているけど、Hが出来ない」という人もいるのが事実。

 

おそらく、そういう方は今回ご紹介する「3つの壁」のどれかを超えられていないのではないでしょうか。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

壁1:誘わない

出会い系で超えるべき壁と言うか、ハードルの一つ目は、「誘わないといけない」ということです。

 

男女平等やら、肉食女子やら言われる昨今ですが、実際にはまだまだ男性から誘わないと女性は動いてくれない、というのが実態です。

 

もちろん、ストリートナンパのように、「こちらに全く興味がない女性」に興味を持たせ、連絡先を交換し、ホテルに連れていくほど鮮やかに誘わなければいけないわけではありません。

 

しかしながら、出会い系も「ネットナンパ」と言われるように、異性を誘う行為には間違いないわけです。

 

ある程度勇気を出して、女性をデートに誘う必要がある。

さらに、お酒を飲んでいい雰囲気になったのであれば、ホテルに誘う必要もある。

 

女性がホテルに誘ってくれるなんてことは、よほどの幸運がないとありません。

私は出会い系で少なくとも200人以上(とはいえ10年以上の通算)に出会ってきていますが、女性からホテルに誘ってくれたのは1~2回のレベルです。

 

エッチを連想させるような、自宅やホテルに誘うのは男性の仕事

まずはそう思って「誘う」という壁を乗り越えないと、いくら出会い系がエッチに最適なツールで会っても、やれません。

 

壁2:勝負できないカラダ

女性には勝負下着、という言葉があります。

 

勝負(エッチ)になってもはずかしくない下着でないと、特に初めての男性とはエッチしたくない、という考え方。

こういう女性は、結構います。仲良くなってから、「でも、下着が」とか言い出されるグダは結構あります。こちらはどんな下着でも割と嬉しいのですが(笑)

 

ただ、これは男性も意外と気にしています。

男性は下着にこだわりはないですが、勝負できないカラダ(ちょっとおなかが出ていたりして、誘う気にならない)ということはあります。

 

あとは、体型はよくても体調が悪くて、目の前の女とエッチしてやろう、という前向きな意欲がわいてこないとか。

あまり性欲がないとか、前立腺炎だったりとか。

 

完全にエッチが出来なくなる障がいではなくても、こういう「なんとなく、勝負できない」カラダ関連の原因は結構あります。

 

出会い系で「面接」に行くときは、下着を含め、勝負をかけられる体で行きましょう。

 

壁3:紳士キャラを装い過ぎた

男はみんな狼、そう思われるのが怖くて、紳士を装ってしまうことが多い人がいませんか。

 

本当はエッチしたいし、目の前の彼女に「ホテルいかない?」っていいたいけど、もうそういうことを言わないキャラが確立してしまった経験がある人も多いはず。

 

私自身、この失敗をめちゃくちゃやってしまうタイプです。

相手が美人であればあるほど、軽口キャラとは真逆の「堅い紳士」になってしまい、気づいたときにはエッチには誘えない。彼女コースならイケるけど、実は彼女はいる、とかね。

 

もちろん、自分本来のキャラを活かすのが良いのですが、チャラすぎるのと固すぎるのはやめたほうがいいです。

 

ニュートラルな感じと言ったらいいのか、エッチなこともいうけど、エロキャラでもなく…という立ち位置がやっぱり一番立ち回りやすい。

 

出会い系での初デートの前には、あまりに難いキャラにならず、スキがあればエッチに持っていくと決めてかかりましょう。

 

「今日は出来ればエッチまでいくぞ!」と決めると、こちらの会話や動きもそっち寄りになりますから、間違いなくエッチできる確率は上がります。

 

出会い系でエッチを阻む3つの壁:まとめ

というわけで、まとめます。

 

  • 誘わない
  • 勝負できないカラダ
  • 紳士キャラに寄せ過ぎた

 

そもそもはエッチしやすい出会い系でエッチできないのであれば、この3つのどれかのミスを犯している可能性が高いと思います。

 

この中でも、誘うことは本当に大事。

誘えばラブホでセックスだったのに、誘わないと自宅でオナニーになります。

 

行けそうな相手を見逃した場合は本当に悲しくなるので、絶対に誘いましょう。約束ですよ。

 

PCMAXの公式サイトを見てみる