出会い系 男子大学生

 

プロフィールでも書いていますが、私が出会い系サイトに足を突っ込んだのは大学生のころ。

そこから、すでに10年以上が経過していますが、未だに出会い系で日々出会いを追求しています。

 

そのおかげで今があると思っている私が、「男子大学生こそ出会い系を使うべし」というタイトルで男子大学生向けに書いてみたいと思います。

 

男子大学生が出会い系を使うと知見や視野が広がる

男子大学生って、ヒマが結構あったりしませんか。

理系の厳しいゼミに所属している人とか、一部の人から避難囂々(ごうごう)な感じがしますが、まあぶっちゃけヒマな人も多いと思うんですよね。

 

その場合、インターンをやったり、バイトをしたり、一人旅をしたりして知見・視野を広げるのもいいですが、それって結構みんなやっていたりします。

 

本当に自分の常識を打ち破って視野を広げるのであれば、出会い系は一つの選択肢だと思います。

 

出会い系では、本当に色々な人と出会えます。

大学生のころから、バツイチのセフレをもって、人生の厳しさと大人の女性の良さを感じるのも人生経験としては強いと思います。

 

他にも、外国人とのお付き合いも出会い系から出来たりします。(これは、海外一人旅とかでも出来ますけど)

 

人妻と付き合って修羅場を味わったりとか、援交している女性を説得して足を洗わせ、普通のバイトに引き戻したりとかもできます。

 

都内であれば、都内に無数にある女子校のJKに出会うことも多いです。特に、大学生くらいの人が「10代後半」で探している場合にはなかなかの確率で当たります。

(自分と近い年齢だから、安心なんでしょうね)

 

これは蛇足ですが、特に男子高校出身の男性もいますよね。群馬とかだと多いんですが。

男子校出身の男性には、出会い系の「知見・視野拡大効果」は共学出身者より圧倒的に高いと思います。

 

こういう人は、女性に対して無駄なリスペクトや幻想を持っていることが多いので、出会い系は本当におすすめです。

 

私自身が男子校出身なんですが、出会い系における出会いによって世慣れた(鍛えられた)というところは間違いなくありますね。

 

男子大学生は悩み多き年頃。ソープランドに行くより

男子大学生といえば、性欲が最強な年代です。

 

男性は18歳で性欲のピーク、女性は30歳で性欲のピークを迎える層ですから、男子大学生が盛っているのは仕方のないこと(生物学的に当たり前)なんですね。

 

さらに、この年頃には性の悩みもかなり多い。

作家の北方謙三さんが、ホットドッグプレスのQ&Aコーナーにおいて、性の悩みの多くに「ソープに行け!」と回答していたのは有名な話。

 

ただ、ソープランドも高いですし、個人的には「俺が女性を落とした」となる素人相手の方がいいんじゃないかと。

 

その素人が落ちないからソープ何だと思いますが、出会い系が発達した現在、素人とエッチするのは簡単です。

 

さすがにお金を払ってソープに行く時ほどの確実性も迅速性もありませんが、ある程度きちっとやれば必ず素人とセックスは出来ます。

 

性の悩みがソープで解決するかどうかは分かりませんが、彼女がいれば解決することが多いのは間違いないです。

 

サークルやら何やらでサクッと彼女が出来る人はいいですが、(私のように)そうでない人は、出会い系でサクッと彼女を作ってしまうのも一つの手だと思いますよ。

 

お金がない大学生にお勧めの出会い系

大学生だからお金が無いとは限りませんが、お金が少なめの人が多いのも事実。

 

前回のエントリー(記事)にも書きましたが、出来る限り出費を抑えて出会い系を使うのであれば、ミントC!Jメールがおすすめです。

 

ミントC!Jメールであれば、ガチャで1日1回「メール送信や掲示板書き込みの無料券」が手に入ります。(はずれもありますが、確率は低い)

 

さらに、ボトルメール機能もあり、勝手に自分の好みの相手にアプローチしてくれます。

 

ミントC!Jメールは、他の出会い系より圧倒的に節約して使えるので、無料で出会いたい!安く出会いたい!なら要チェックの出会い系になります。

 

以上、今回は「男子大学生こそ出会い系を使うべし」について書いてきました。あなたの参考になれば幸いです。

 

ミントC!Jメール