出会い系 連絡先交換


「ポイント制の出会い系サイトでそろそろポイントが足りなくなるんだけど、メールかライン出来ないかな?」
「連絡先の交換を切り出したいけど、女性は利用無料だから交換のメリットないし、受けてくれるのかなあ」
「サイト内だと、連絡取れなくなるんじゃないかって不安!はやくメアド聞きたい!」


出会い系サイトで必ず出てくる問題、それが連絡先の交換です。上記のように、早く連絡先を交換したいが、タイミングが分からない・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?


本日は、LINEやメールアドレスなどの連絡先をどのタイミングで交換したらよいかについてお話していきます。

基本的な連絡先交換のタイミング

基本的な連絡先交換のタイミングには、いくつかのパターンがあります。


ここからは、そのパターンごとにご説明していきます。

仲良くなったと思ったら

まず、一つ目のパターンとしては、「仲良くなったと思ったタイミングで連絡先交換を切り出す」というのがあります。


連絡先交換においてそもそも認識しておかないといけないことは「女性からすると連絡先交換というのはメリットがない行為である」ということです。


ポイント制の出会い系サイトであれば、女性の利用は完全に無料なのです。詐欺系の出会い系サイトは女性からも料金をとるのが一般的ですが、ポイント制の優良出会い系サイトで女性から料金を取るサイトは、私の知る限り存在しません。


月額定額制の出会い系サイトであっても、ほとんどは女性無料のサイトになります。


例外としてはマッチドットコムがありますが、それでも女性に連絡先交換のメリットはありません。(有料であっても定額制なので、連絡先交換では何の節約にもならず、連絡先が知られてしまうデメリットしかないのです)


(※ そもそも、月額定額制ではあなた自身も「ポイントが足りない」などの事態に陥らないので、焦って連絡先交換をしようとしないと思います)


少し話が長くなりましたが、女性からすると(よほどあなたを気に入っていない限りは)連絡先を交換する意味はないので、気に入られたタイミング、仲良くなったと思ったタイミングで切り出す、というのが一番ポピュラーなタイミングだと思います。

何らかの約束を理由として

次に、何らかの約束を理由として、連絡先交換を切り出す方法です。数えてはいませんが、この方法が最も私自身の利用頻度が高いです。


やり方は簡単です。


例えば、なんでもいいのですが、今回は食事の話題で説明しましょう。


食事について(例えばおいしいレストランなどについて)話しているとき、「じゃあ今度暇な時一緒に行ってみません?」的な話になることがあると思います。


その時に、「待ち合わせの時に不便だからさ、メアドかラインか電話番号教えてくれない?」と言うだけです。実際、待ち合わせでは「ちょっと遅れる」だの「思っていた場所と違った」だのサイト外でやり取りしたほうがずっと早く済むトラブルが発生しがちですからね。


経験上、ここで「ちょっとまだ早いかなあ」とか何とか言って渋る女性は結局仲良くなれません。なので私なら切っちゃいますね。


なお、メッセージのやり取りにおいて話題を切り替えるなど、メッセージテクニックに自信がない場合は以下の記事をご一読ください。


5分で身に付く出会い系メッセージテクニック講座

ある期間が経過したら(1週間等)

次は少し機械的な決め方で、「ある一定の期間が経過したら連絡先交換の提案をする」というものです。


例えば、「1週間やり取りをしたら、連絡先交換を切り出す」などと決めておき、実際にそうするということです。


そこでダメと言われたらその子はあきらめるということになります。


この方法は「自己判断による、この子はイケる/イケないの見極め」が必要ないというところがメリットです。投資でいう「損切りライン」をあらかじめ機械的に設定しておく感じです。


分かりやすく言えば、未練があるのでついついポイントを使って会う気のない人に連絡し続けてしまうところを、ルールがあるので無駄にせずに済む、という感じですね。


ついつい一人の人に執着しがちな人におすすめの方法です。

連絡先交換せずに出会うケースも

ポイント制の出会い系サイトだと男性は連絡先の交換を目指しますよね。


しかし、月額定額制の出会い系サイトでは、男性も女性も「メッセージ交換料金」がかからないので、連絡先の交換をせずに出会うケースが多いです。会ってみて、よい子だったらライン交換、という感じの流れですね。


ポイント制でも、「頑なに連絡先の交換を拒む」が、「メッセージ内容からするとかなり良い子」という場合には連絡頻度を落としつつ、出会う日までサイト内のやり取りで我慢、ということもあります。この場合は早めに合うのと、連絡頻度を落とすことがポイントですね。


なお、「頑なに連絡先の交換を拒む」子の多くは、会ってみると気遣いがなく、性格が良くない女性であることが多いです。男性がポイント(=お金)を使っているのは大体の女性が知っているので、ある程度のところで交換に応じてくれることが多いです。


ですので、よほど手放したくない子で「連絡先だけはどうしても怖い」というタイプだけキープし、他は切ってしまった方がいいと思います。

連絡先交換で我慢する期間は

連絡先交換までに我慢する最長期間は1か月だと思います。


1か月も毎日サイト内でやり取りしていると、1日1通でも30通×50円=1,500円になります。


経験上、これ以上はかけても無駄です。お金も無駄ですし、労力も無駄です。
1か月でダメな子は、2か月かけてもダメです。

Xか月経ったら教えると決めている子もいる

たまに、「Xか月以上メッセージが続いたら、連絡先交換も交換するし、会う」と決めている子もいます。実際、私はそういう子に出会ったことがあります。


ただ、大半の子はもっと早く連絡先交換もできますし、会えますので、わざわざそういうタイプのために長くやりとりする必要はないんじゃないかな、と個人的には思います。


ちなみに1か月はあくまで最長の期間であり、私の平均的な我慢期間は1週間に満たないと思いますね(笑)

ポイントがないのでと正直に言うのはどうなのか

連絡先交換の理由を「ポイントがないから」と正直に言ってしまう男性がいますが、これはやめたほうが良いです。


私はポイントを節約したいという男性側の気持ちもよーくわかります。以下のプロフィールに書いた通り、私は貧乏な大学生のころから、ワクワクメールやPCマックスをやってきた人間なので。


私が出会い系ブログをはじめた経緯


しかし、はっきり言います。


女性はセコい男が嫌いです。


女性は、日記のコメントから無料で話しかけてきて、ポイントを節約して会おうとする男性を、「みみっちい奴」と心の中で思っています。


女性は、「ポイントがないので」と正直に言ってしまう男性を、「セコい上にスマートに誘えない人だなあ」と思っています。


全員が全員こう思っているわけではないですが、こういう女性は多いです。
「ポイントがないので」が真実の理由だったとしても、他の理由を言うべきだと思います。

女性から連絡先交換を求められた場合

最後に、女性から連絡先交換を求められた場合。


99%とは言いませんが、90%以上の確率で、相手は業者です。


前にも申し上げた通り、女性には連絡先交換のメリットがありません。
その中で連絡先交換を申し出てくるのは、以下の2つの場合です。

  • あなたを本当に気に入ったため、ポイントを消費させたくないと思ったから
  • あなたをサイト外でだますのが目的だから



もちろん「上」である可能性もゼロではないですが、9割以上が「下」です。つまりあなたをだますために連絡先交換を持ち掛けてきています。


援デリ業者はサイト内で交渉をするとアカウント削除されるので、「サイト外に誘導してから」金額交渉をすることが多いです。


また、他サイト誘導業者は、当然ながらLINEやメールでのやり取りに誘導して信用させてから、お目当てのサイトに移動させようとします。


本当に残念ではありますが、女性から連絡先交換を言い出された場合にはこういう手口であることがほとんどです。世知辛いですね。

出会い系における連絡先交換タイミングのまとめ

本日の内容をまとめます。

  • 連絡先交換のタイミングは「仲良くなったら」「会う約束を理由に出来るとき」「一定期間たったら」が王道
  • 連絡先交換で我慢する最長期間は1か月。それ以上は無駄
  • 「ポイントがないから交換して」と頼むのはやめたほうが良い
  • 女性から連絡先交換を切り出すのは90%以上詐欺だから気を付ける



それでは、本日の内容は以上になります。
いつもお読みくださりありがとうございます。


ぼっち



毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。