出会い系 攻略


マメな男は、モテる。


このワードって、いろいろなところで言われているので、信じてしまう人が多いんですよね。


しかし、出会い系サイトに限らず、「マメな男はモテる説」はうまくいかないことが多いんです。残念ながら。


というわけで、本日は、連絡頻度のお話です。珍しく、出会い系サイトでの話に限りません。


誰しも、好きな子、気になっている子に連絡すべきか否か、もしくは返信する時間をどうすべきか、など悩んだことがあるはず。そういう意味では、かなり身近なテーマだと思います。


学校や職場で出会った好きな人への連絡の頻度や、出会い系で気になっている子への連絡の頻度について気になっている人は、この記事を読んでみてください。きっと役に立つと思いますよ。

マメな男がモテると言われている理由とは?

最初に申し上げておくと、私は「マメな男はモテる説は嘘」とまでは言っていません。うまくいかないことが多い、と言っています。


それはどういうことかというと、マメなこと自体は恋愛にかなりプラスなのですが、マメなだけではダメだといういうことです。


まず、マメなことが恋愛にプラスであることについてお話します。


その理由は、心理学では「ザイアンスの単純接触効果」または単に「単純接触効果」といわれています。


これがどういうものかについては、Wikipedia先生の説明がわかりやすかったので、以下に引用しておきます。

初めのうちは興味がなかったり、苦手だったりしたものも、何度も見たり、聞いたりすると、次第によい感情が起こるようになってくる、という効果。

たとえば、よく会う人や、何度も聞いている音楽は、好きになっていく。これは、見たり聞いたりすることで作られる潜在記憶が、印象評価に誤って帰属されるという、知覚的流暢性誤帰属説(misattribution of perceptual fluency)で説明されている。また、潜在学習や概念形成といったはたらきもかかわっているとされる。

図形や、漢字、衣服、味やにおいなど、いろいろなものに対して起こる。広告の効果も、単純接触効果によるところが大きい。CMでの露出が多いほど単純接触効果が起きて、よい商品だと思ったり欲しくなったりするのである。



一言でいうと、人は、何度も見た・聞いたものは好きになっていくということです。


個人的には、最初に聴いた時には微妙だった曲も、何度も聴いているうちに「最高じゃん、この曲!」となることが多いので、かなり納得できる効果です。


ともかく、この効果を理由として、「マメな男性はモテる」ということが言われているのですね。

マメな男がモテるとは限らない理由とは?

この単純接触効果だけを考えれば、マメに連絡すればモテる、と思ってしまいがちです。


しかし、人間はこの単純接触効果という効果だけで生きているわけではありません。


例えば、何度も何度も連絡されたら、「この人、なんで私にこんなに連絡してくるのだろう?」と思われるでしょう。それがさらに多くなると、「この人、私のこと好きなのかしら?」という心理が働くでしょうし、行き過ぎると、「こいつ、気持ち悪いストーカーだわ」となってしまうと思います。


ですから、マメであることは大事なのですが、相手との関係性に合わせて、マメの程度を調節していく必要があるのです。


一番わかりやすい例でいえば、彼氏なら「おはよう」とか「おやすみ」のラインを毎日送ることも許されますが、知人程度ではおかしなことになります。朝起きたら友達全員におはようを言う人なんていませんし、寝る前に友達全員におやすみを言う人もいません。


ですから、これは「単純接触」ではなく、「明らかに意図のある接触」になってしまっているということです。単純接触効果は、あくまで「視界に入る」とか、「声が聞こえる」などのことであり、「異性としてアピールされる」まで行ってしまうと、もはや単純接触とは言えません。


マメな男がモテるわけではない理由は、単純接触効果を単純接触だけにする、というのは難しいからです。相手に何らかの意図を感じさせる接触の方法をとってしまうと、相手もそれに応じた反応を返します。それは、悪い場合には、不信、疑念、嫌悪などの感情かもしれないのです。

結局どうすればいいのか?

それでは、結局どうすればいいのか、について書いていきましょう。


実は、その答えはすでにこの文章の中で書いているのですが、「相手との関係性に合わせ、接触の話題やマメの程度を変える」ということが重要です。


基本としては、相手とまだあまり仲良くない場合、「共有できるイベント・出来事があったとき」だけに連絡します。逆に言えば、それ以外は連絡してはいけないです。


共有できるイベントとは、例えば映画サークルで知り合った子なら、新作映画が出た時などでしょうか。この場合、実際に話したときに「二人の共通の話題」としてのぼった映画などだと、連絡タイミングとしてはベストです。そういった連絡タイミングでの相手の反応により、次の食事やデートに誘うべきです。


このサイトで何度か出てくる考え方ですが、ラインやメール、カカオトークといったメッセンジャーアプリは「会うためのツール」に過ぎないということを覚えておいてください。それをつかったやり取りの中で疑似恋愛するためのガジェットではなく、実際にアポが取れることがゴールとなるアイテムなのです。


ちなみに、出会い系サイトやマッチングアプリで会ったばかりの場合はもう少し連絡の頻度を上げていく必要があるでしょう。この場合、相手の返す頻度より少し遅いくらいを目安にして下さい。それより早すぎても遅すぎてもNGです。(若干早いとか、若干遅いのは全然OK。神経質になる必要はありません)


上記のような返信の仕方、連絡頻度によってある程度仲良くなったら、もう少しくだらないことで連絡を取っていってもOKです。ただし、ここでも多少は面白かったり、相手に関連したりすることで連絡しましょう。


この段階でも、油断は禁物です。「この人、何が言いたいんだろう?ちょっと仲良くなったからって、妙なポエム送ってくるようになったんだけど・・・いーや、切っちゃえ!」と連絡を絶たれることもあります。これは私の友人の女性が、出会い系ユーザーの男性に実際にしたことらしいです。


ここでも気にすべきは、相手はどうなのか、ということ。相手の返す頻度はどうか、相手の返信に含まれる話題の重要性はどうか、そのあたりを見てください。


かなりどうでもいいことでもメールしてくるようになったら、ゲームクリアも間近です。そろそろ会って告白の準備、という段階かと思います。


ここでの注意点はたった一つ、長引かせすぎないこと、です。長引かせすぎると、「友達としか見られないゾーン」に入ってしまい、取り返しのつかないことになります。


相手と近づけたら、すかさず次の段階に移ろうとすることが重要です。

今日のまとめ

本日お話しした内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • マメなこと自体はいいが、連絡頻度が高いだけではモテない
  • マメ(適切な連絡頻度)に加え、関係性に応じた話題にすることも重要
  • 連絡とはあくまで「会う」というゴールにつなげるためのものである



本日の内容は以上です。マメにやっているはずなのにモテない、という方は、本日お話しした内容のどこかがネックとなっている可能性がありますので、その点に留意すると、もっと打率が上がると思いますよ。


マメかマメじゃないか以前に、メッセージのやり取りに自信のない方はこちら。


5分で身に付く出会い系メッセージテクニック講座


それでは、また。


ぼっち



毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。