デブ専 出会い

 

デブ専ってご存知でしょうか?

 

デブ専はデブ専門の略で、太った女性のことが好きな男性のことです。(もちろん、その逆に太った男性のことが好きな女性も含みます)

 

なんとこのデブ専、「肥満嗜好」としてWeblio日本語辞書にも掲載されていましたので、載せておきます。

 

肥満嗜好

肥満嗜好(ひまんしこう、英:Fat fetishism)とは肥満体型の人に性的魅力や欲求を感じる嗜好。
一般的には「デブ専門」の略のデブ専(でぶせん)という俗語で知られる。

 

というわけで、今回はこのデブ専(肥満嗜好)について、出会い方を考えてみたいと思います。(デブ専の人がふくよか系の女性に出会うにはどうすべきか、ということです)

 

(※ 太った人や、ふくよか系の人、ぽっちゃり系の人のことをこの記事内では「デブ」と呼びますが、悪意はありません。「デブ専」に関する記事なので、その言葉に合わせて「デブ」と言っています)

 

デブ専はうらやましい。

デブ専っていわれる方のこと、私は本当にうらやましいと思うんです。怒られちゃうかもしれませんが、心底ね。

 

なぜなら、本人からすれば「デブ」じゃなくて「良い感じの子」だと思っているわけなので、競争相手も少ないし、本人も幸せだからです。競争相手が少ないので、相手のデブ女性もお付き合いに「YES」と言ってくれる可能性が高い。

 

というか、そもそも「お付き合いなんて申し訳ない」と思っているデブの子は多いので、お付き合いせずにウハウハできてしまう可能性すらある。(私も、ぽっちゃり系の女性と出会うことはよくありますが、実際にお付き合いせずに…という機会はよくあります)

 

まっこと、うらやましい。願わくばデブ専に生まれたかった。

 

デブ専だと、出会いは意外とないかも

しかしながら、デブ専・ブス専の人にとって、出会いというのは意外にないのかもしれないですよね。

 

デブ専の程度にもよりますが、普通に会社で働いていると、お年頃、かつデブ、という人ってそこまで高い割合で存在するタイプではありませんよね。というか、若い女性で本当にデブな人って、会社ではあまり見られないような感じがします。どうでしょうかね?(私が働いていた会社だけ?)

 

そういう意味では、デブ専の人は、リアル社会での出会いに困っている可能性が高いのではないかな、と思います。というか、おそらく「私はぼっちゃりした女性が好みなんです。誰か、良い人いませんか?」って言いにくいですよね。「あ、いますよ!」って紹介してあげるのも難しいような気がしますし。

 

私も、人並みに合コンや飲み会の経験がないわけではないのですが、本当に「ぼっちゃり系」の女性って、合コンで1度も見たことがないです。

 

デブ専の出会いは出会い系にあり

で、ここからが出会い系を11年使っている私が、どうしても言いたかったことなのですが。

 

デブ専の人って、なんで出会い系サイトやっていないんですか?

 

いや、もちろんやってる人もいると思うんですけど、デブ専なら全員やっていてもおかしくないのに、やっていない人がいますよね。

 

「いや、デブ専が出会い系やっていようがいまいが、デブ専の自由やろ」っていわれそうなのですが、そういう意味じゃないんです。

 

出会い系って、可愛い系デブの宝庫なんですよ。マジで。

 

出会い系サイトで、スレンダーな可愛い子とか、グラマーなかわいい子に会うのは難しいです。前にもそんな記事を書きましたしね。いつも言っているように、たくさんの女性に出会うことで、やっと巡り合えるのがそういう子です。

出会い系でガリ巨乳に出会う難しさを語りたい。【出会い系攻略】

 

しかしながら、ややぽちゃ~ぽっちゃりな可愛い子は、出会い系には滅茶苦茶多いですよ。これは、私以外でも出会い系のベテラン(10年単位で使っている人)なら全員が分かることだと思います。

 

アイドル顔なんだけど、ぽちゃぽちゃとか。痩せたら石原さとみとか、痩せたら桐谷美玲とか。出会い系で会う子って、そんなのばっかりです。(ばっかりは言い過ぎかな)

 

敵は本能寺にあり、と明智光秀は言いました。

代わりに、デブ専の出会いは出会い系にあり、と私は言おうと思います。

 

まあこれが言いたかっただけなのですが、出会い系では可愛い系デブに出会える確率が非常に高いのはマジです。PCMAXあたりを覗いてみると、分かると思います。

 

可愛いけどぽっちゃりなので、斜めから写真をとることで「ちょっと痩せ気味に見せよう」と努力している子が、滅茶苦茶多いことが分かると思います(笑)

 

PCMAXを見てみる

 

 


注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(それなら風俗の方がいいです)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用することをおすすめします。

ハッピーメール」や「PCMAX」のような正しいサイトで、正しい攻略法を使ったとしても、最初はある程度の「慣れ」が必要です。


毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ハッピーメールとワクワクメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならハッピーメールが強く、エッチな出会いならばPCマックス、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはハッピーメール
私が12年間使っており、真面目な出会い(=彼女づくり)では最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも12年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ワクワクメール
ハッピーメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に20代女性に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。