出会い系アプリ プロフィール


ぼっちです。


一部の出会い系では、同性のプロフィールを見ることもできるんですが、男性出会い系ユーザーの平均的なプロフィールは結構ひどいって知ってました?


なんでそのプロフィールで女性と出会えると思うのか・・・というプロフィールを書いてしまっている人、結構いるんですよ。


というわけで、今日は出会い系サイトやマッチングアプリにおけるプロフィールの書き方についてお話していきます。


(※ いちいち「出会い系サイトやマッチングアプリ」というのは冗長なので、今日は「出会い系アプリ」でいきます)

そもそもなんでプロフィールなんて書かなきゃいけないのさ。

「そもそもなんでプロフィールなんて書かなきゃいけないの、めんどくさい」


こういう方もいらっしゃると思うので、まずはプロフィールの意義を話します。


出会い系で知り合った女性は、相手の男性がどんな人なのか、まったく分からないわけです。極端な話をすれば、こんなの(↓)かもしれませんよね。


出会い系アプリのプロフィール


これは極端な例(芸人ワッキーが演じるキャラ)ですが、こんなのに出会ってしまったら女性としては恐怖でしかありません。


ですから、出会い系サイト内で、女性がメッセージをもらったら、女性は相手のプロフィールを見に行くんですね。


「どんな人なのか?」が知りたいから。そうすると、こんなプロフィールだったとします。

こんにちは。

職場に出会いがなく、真面目な出会いをもとめて登録してみました。
こういうサイトは初めてなので、よろしくお願いします。

ぼくは休みの日は仲間とサッカーしたり、ジムにいったりして過ごしています。
あとはおいしいものを食べたりするのも大好きです。

写真は知り合いにバレるのが怖いので載せてません(笑)
連絡先を交換したらお送りしますね。

あまり気を張らず、自然なお付き合いが出来る女性がタイプです。
良い出会いがあればな、と思います。よろしくお願いします!



これは私が今テキトーに書いたプロフィールなので出来はイマイチですが、さわやか感はありますよね。


実はこれはかなりワッキーに当てはまるプロフィールなのですが、出てくるのがコレ(↓)とは感じさせないと思います。


出会い系アプリのプロフィール


これがプロフィールの力です。


ホンモノをそのまま表しているかはともかく、プロフィールをきちんと書いておくことにより、「きっとこんな人なんだろうな~」と相手に想像してもらうことが出来るんですね。


女性は出会い系サイトで出会う相手を警戒していますが、女性の警戒をある程度解いてくれるのが、プロフィールなんです。

丁寧語で書く。

同性のプロフィール(特に30代以上)を見ると愕然とするのが、タメ口でプロフィールを書いている人が多いことです。


初対面の人にタメ口って、頭が悪そうに見えてしまいますし、女性を大事にしない人なのかなってイメージされてしまいます。「イメージされる」くらいなら致命傷じゃないじゃん、って思うかもしれませんが、出会い系アプリではたくさんの男性が微差で戦っているので、その中では完全に致命傷です。


(※ 実際に女性側も最初からタメ口なのはダメな子ですよ。相手の口調は地雷を判断する一つのバロメーターです)


プロフィールはあなたとの最初の接点であり、家でいえば玄関のようなもの。


ここが汚かったら、誰も家の中に入ろうとしてくれません。玄関はきれいに。口調は丁寧にしておくに限ります。(プロフィールだけでなく、ファーストメールも同じですよ)

普通の自己紹介に入っている要素を入れる。

「出会い系アプリでの自己紹介って、何を書けばいいのかわからん」という方も多いですよね。


確かに私自身、最初はかなり悩んだ記憶があります。


しかし、実はプロフィールに必要な要素というのは単純です。


リアル社会の自己紹介に入っている要素で埋めてしまえばいいのです。


プロフィールは本来、あなたという人間の情報を開示することによって、異性に安心してもらうのが目的なので、それで十分です。ウケを狙う必要もまったくありません。


具体的には、名前、職業、趣味(普段何をしているか)くらいですかね。


もちろん、出会い系アプリでは名前は本名である必要はないですし、職業や趣味をぼかして書くのもOKです。


職業でいえば、「ソニーのエンジニアで、ウォークマンのソフトウェア開発やってます!」ではなく、「大手メーカーで、音楽関係のアプリの開発してます!」みたいな感じですかね。


こんな感じで、普通のプロフィールを作ってしまってOKです。

できるだけ情報は開示する

プロフィールで勝ち取るべきものは、女性の信用とか、安心感だと述べました。


これを得る一つの手法として、自己開示があります。


名前と職業は完全に開示しないほうがいいですが、出身の都道府県やら、飼っている犬の犬種やらを開示すると、プロフィールがぐっとホンモノっぽくなり、信用度が増します。


東京の人なら、生まれも育ちも東京なのか、私のように地方(群馬)出身なのかくらいは書いてしまっても身バレリスクは上がらないと思います。


開示できる情報は、開示していく。これにより、「信用できる人だ」と思ってもらえる可能性が高まりますよ。

嘘は基本なしで、ポジティブに書く。

お付き合いするかもしれないので、ウソは出来るだけやめておきましょう。


やってもいいかなというか、リスクをとって嘘をつく価値があるかなっていうのは、身長と年収です。これは、この2つが悪すぎると、女性の検索条件に引っかからなすぎる可能性が出てくるためです。


身長は、168cmの人が170cm位にするくらいまでですね。サイトによっては165-169、170-174、175-179とかで区切っているので、(検証してませんが)170以上で検索している女性が多いのではないかと。


年収も、ある程度以上にしておかないと検索条件で切られる場合があります。「年収を条件にする女なんてイヤだよ!」という方もいると思いますので、やるかやらないかはお任せします。


これ以外の嘘はやめておいた方がいいですね。さらに、基本的にものごとのポジティブな面を書くようにしましょう。


例えば私は「インドア派のぼっち」ですが、それをそのまま書いてはいけないです。笑


「休日は仲間と騒ぐよりも、大切な人とゆっくり過ごすほうが好きです」とか書いておけば、”インドア派”とか”ぼっち”よりは、”穏やか”や”オトナ”と思わせる文章になります。


嘘をつくのは避けたいですが、ありのままに書く必要まではありません。ポジティブに言うにはどうしたらよいのか、考えてみてくださいね。

一緒に楽しめそうな趣味を書く。

ここは表題がすべてです。
一人で完結する趣味ではなく、一緒に楽しめそうな趣味を書きましょう。


例えば私であれば、正直に言えば「女性と出会う」「パソコンでブログを書く」「ゲームをする」というのが趣味に当たるでしょう。
しかしこれは書けませんよね。笑


ですから、「女性と出会う」ときにいつもやることを趣味として書いてしまえばいいと思います。


「おいしいものを食べる」「ウィンドウショッピングをする」「旅行をする」「映画を見る」「カラオケに行く」等、たくさんあります。


これ全部、2人以上で一緒に出来ることですよね。ちなみに、相手の趣味に「アニメ」などあれば、こちらも「ゲーム」とか言っておいた方が好感度は高いので、これもケースバイケースです。

女子ウケしそうな恋愛観を書く。

最後は「女子ウケしそうな恋愛観を書く」です。


出会い系アプリの女性は、まずは男性を疑ってかかります。


ヤバい順に、殺人鬼やレイプ魔なんじゃないかとか、変質者なんじゃないかとか、女性蔑視のDV男なんじゃないかとか、マザコン・ロリコンなんじゃないかとか、ヤリモクなんじゃないかとかね。


ですので、「健全な恋愛観・女性観を持った人間です」ということを示すことはプラスになります。「お互い自立した関係を築けることが理想」とかそんなのですね。変なことでなければ、本当のことを書いてしまってよいでしょう。


結婚観を示すのも一つの手。きちんと結婚まで考えてますよ、ヤリモクじゃないですよアピールですね。

出会い系アプリはプロフィールで勝負!まとめ

出会い系アプリでは、文章であなたという人間を判断されます。


その文章が載っているのは、メッセージ、掲示板、そしてプロフィールしかありません。


そして、あなたからのメッセージを受け取った女性、掲示板を見た女性、両方の女性がほぼ確実に向かうのが、あなたのプロフィールなのです。


プロフィールを制する者は出会い系を制す。


これはスラムダンク好きとして言ってみたかっただけですが(笑)、実際これくらい重要なことです。今日お話ししてきたことを参考に、最高のプロフィールを作り上げてくださいね。


この記事は主に文章を扱い、ほとんどプロフィール画像の話がでてこなかったのですが、そのあたりに不安がある方はこちらをどうぞ。
ブサイクは出会い系での写メ交換をどうすればいいのか?


ちなみにプロフィールを制した後に、メッセージのやり取りを鍛えるともっと出会えちゃいますよ。
5分で身に付く出会い系メッセージテクニック講座




毎日出会いがある男性がやっている、たった一つの習慣

今回の記事はいかがでしたでしょうか。


当サイトの読者であるあなたは、出会い系サイトやマッチングアプリを使って、順調に出会いを重ねていらっしゃることと思います。


ただし、「もうこれ以上出会いは要らない」と思っている方もいれば、「もう少し出会えるものと思っていたのに・・・」という方もいるでしょう。


ここでは、後者の「もっと出会いたい男性」に向けて、毎日のように出会いを重ねる「出会い系のベテラン」なら全員がやっている、ある1つの習慣をお伝えしようと思います。


それは、複数サイトに登録し、女性にアプローチしているということです。


なぜこんなことをしているかというと、複数サイトでのアプローチには、大きく分けて4つのメリットがあるからです。


一つ目のメリットは、出会いの幅が広がることです。


例えば、ワクワクメールとハッピーメールはかなり似たサイトですが、登録している女性は異なります。(女性は複数サイトに登録しなくてもメールが来るので、あまり複数登録しません)


ですので、2つのサイトに登録すれば、単純に2倍近くの女性にアプローチできるのです。


二つ目のメリットは、出会いの種類が異なることです。


このサイトの様々な所で書いていますが、出会い系によって得意な出会い方は異なります。


例えば、真面目な出会いならワクワクメールが強く、エッチな出会いならばPCマックスで、10代(JK含む)の出会いならハッピーメールが強い、などです。(※ これはイメージで言っているのではなく、私の出会い系データベースの数字から申し上げています)


このように、サイトを使い分けることにより、様々な出会い方ができるようになります。


3つ目のメリットは、彼女ができた時のリスクヘッジです。


経験上、彼女ができると「一緒に出会い系をやめる」ことになりがちです。しかし、彼女ができても(今までメールが続いてきた)女性とメールをしたい男性はいますよね。こういう時に複数サイトを使っていると、一つのサイトだけを辞めれば済むので、リスク分散になります。


そして、最後のメリットが「サイトごとにお試しポイントが配られるため、無料でかなり遊べる」ことです。


優良出会い系サイトは、基本的に女性無料・男性有料の料金体系をとっています。しかし、男性であっても、ほぼすべてのサイトで「登録時に1,000~1,200円分の無料ポイントがもらえる」という特徴があります。


ですので、例えば5つのサイトに登録しておくことで、一気に5,000円分の出会いが期待できるというわけです。(ただし、本格的に出会うにはポイントを購入したほうが効率的です)


それでは、出会い系サイトを複数選ぶ際に、どこのサイトを選べばよいのでしょうか?


その答えは、こちらの記事に全て書いています。
おすすめ出会い系全てを評価・レビュー。詐欺ランキングに騙されるな!


本来ならこちらの記事をお読みいただきたいのですが、非常に長い記事なので、ここでは複数登録すべきサイトを3つだけ挙げます。


ひとつはワクワクメール
私が11年間使っており、彼女づくりでは最大の実績を挙げているサイトです。


二つ目は、PCMAX
これも11年間使っており、セフレづくりで最大の実績を挙げています。


最後に、ハッピーメール
ワクワクメールに次ぐ彼女づくりの実績があります。特に10代に出会いたいなら必須です。


上記3サイトを全て使いこなすと、出会いの量と質が飛躍的に向上します。


複数サイトを駆使して、どんどん出会いの幅を広げていきましょう。
それでは、また。