出会い喫茶 東京

 

いつもはよく知っている「出会い系サイト」について、攻略法やおすすめの出会い系情報、出会い系ごとの違いなど、様々な情報を届けている、このサイト。当然こんな記事ばっかり生み出してます。

 

おすすめの出会い系サイト・マッチングアプリは?

 

管理人は、出会い系・マッチングサイトこそ10年以上の経歴を誇るベテランであり、上記のサイトを常時使っている「出会い系バカ」なのですが、実は風俗のようなリアル店舗にはあまり詳しくないんです。

 

まあ、自ら「ぼっち」を名乗るくらいですから、ネットからの出会いしか得意でないってわけですね(笑)

 

特に、一度も行ったことがない業態もいくつかあります。その一つが、「出会い喫茶」です。

 

何度かサイトに書いていますが、私は出会い系サイトをずっと使っているため、出会い系サイトに常駐する女性とは仲がいいです。

 

ですので、その類似形態のサービスである出会い喫茶を使ったことのある女性の友人は多く、長らく興味はありました。

 

しかし、残念ながら、私自身では今まで一度も利用したことがないのです。

 

ですので、一応出会いというものをマスターしたい、という願望を持っている人間であることもあり、今度、時間があるときに行ってみようと思っているんですよね。

 

ビビりな私は、その事前準備のため、いろいろ調べてみたので、このサイト上にまとめておきます。

 

いつもは勝手知ったる出会い系サイト・マッチングアプリについて偉そうにいろいろ書いている私ですが、今日は門外漢の分野です。皆様と一緒に学んでいくつもりで書いていくので、よろしくお願いいたします。

 

出会い喫茶・出会いバー・出会いカフェとは?

まず、「出会い喫茶とか、出会いバー、出会いカフェって何?」状態の方もいますよね。(いちいち出会い喫茶・出会いバー・出会いカフェって書くと煩わしいので、以下では基本的に「出会い喫茶」に統一しますね)

 

私も出会い系で知り合った女性たちに聞く前はまったくわからなかったので、最初に基礎知識を書いていきます。

 

出会い喫茶は、れっきとした店舗型性風俗特殊営業の届け出をしている風俗店です。

 

ただし、出会い喫茶は風俗店の中では割と新しい業態だったので、当初は法的に規制はされていなかったとのこと。

 

しかし、売春の温床になっているとの指摘から、2011年から風俗として認定されているようですね。

 

出会い喫茶・出会いバー・出会いカフェの使い方!何ができるお店なのか?

出会い喫茶の中で何ができるのかというと、女性の素人のお客さんが個室で好き勝手に過ごしているのを、別の部屋から男性客がのぞくことができるようです。マジックミラーになっているんですね。

 

男性の部屋にも女性の部屋にも、インターネットにつながっているパソコンやドリンク、漫画とかがあって、さながら漫画喫茶のようです。

 

この中でゆるゆる過ごしつつ、女性の中で気になった子がいれば、店員に「あの子が気になります的な記入用紙」を渡して、別の個室で対面し、自由に交渉する仕組みとのこと。これはこの逆で女性から誘う「逆ナン型」もあるらしい。

 

自由に交渉、とかだと普通にナンパできるのかと思われがちですが、そうではないです。(そりゃそうですよね)

 

相手は素人ではあるのですが、それは「店と契約を結んでいないという意味で」素人なのであって、基本的には「ワリキリ目的の女性」か「茶飯目的の女性」のようです。なお、逆ナン型でも、お金を払うのは男性とのこと。

 

ここで、ワリキリの意味はわかると思います。相場1.5万~3万くらいで、エッチすること、まあ要は売春ですね。プチと言って、テコキのみ、フェラのみとかもあります。

 

茶飯というのは、相場5,000円~10,000円くらいで、ご飯だけ一緒に食べる、カラオケに行く、とかです。要はエッチなしのプチデートってことですね。

 

ちなみに、男性は最初に会員登録して、身分証明書を出す必要があり、さらに入会金として3,000円程度がかかるようです。

 

出会い喫茶の種類とは?マジックミラー型とセパレート型?

次に、出会い喫茶の種類です。

 

もっとも一般的なのは、前述した男性側から女性の部屋がマジックミラー越しにのぞけるタイプ。これを「マジックミラー型」といいます。

 

このマジックミラー型では、すべてが秘密裏に行われます。男性が選んで店員に紙を渡してまず部屋を出たあと、紙を渡された女性側も部屋を出ます。そして個室でご対面なので、男女の間で動きがわかりにくいのが特徴です。

 

次に、セパレート型というのもあり、男性部屋と女性部屋は別々ではあるものの、女性側からも普通に男性が見えるタイプとなっています。

 

こちらは、男女間で動きが丸見えです。誰が、どの順に女性を呼んだのかまでわかります。曜日や時間にもよりますが、男女ともに10人を超えない程度の人がいるイメージのようなので、少ない中だと目立ちますよね。

 

そして、セパレート型のちょっと変則的なものに、「ウォーク・イン型」というのがあり、これはセパレート型を基本としつつも、女性スペースに男性が入れる「道」が通っているタイプらしいです。

 

その「道」により、女性の顔とかを近くで見られるらしいですが、日本人は恥じらいの民族なので、男性側はその「道」をあまり使ってないそうです。私は言うまでもなく使えないですね(笑)

 

ちなみに私はぼっちなので、当然ながらマジックミラー型のほうが良いです。セパレート型で、一人と交渉失敗したら次に行ける気がしませんw

 

出会い喫茶や出会いバー、出会いカフェはどこにある?東京だと上野・立川・池袋あたり!

出会い喫茶の大手チェーンというのは、少ないです。

 

私がざっと見た限り、3つくらいなのかな?ちなみに私は東京に住んでいるので、あくまで東京近郊の事情です。

 

まず、セリクラ。これは立川、町田、上野にあります。セリクラは上述した逆ナン型で、男性側がお誘いを待つタイプです。まあ面白そう。

 

しかしながら、セリクラ的に出会い喫茶はもう終わりだと思っているのか、町田店と上野店はリニューアル中。立川店のみ、元気に営業している感じです。

 

次に、モモカフェ。主に新宿、上野、池袋にお店を構えています。こちらも大手ですね。東京だと、モモカフェとキラリが2大チェーンの様子。モモカフェは、マジックミラー型ですが、店によっては逆ナン型もそろえている様子。

 

最後に、出会いカフェキラリ。これがおそらく最大のチェーンであり、池袋、新宿、渋谷を中心に、横浜や川崎などの神奈川にも進出しています。こちらはマジックミラー型ですね。

 

出会い喫茶や出会いバー、出会いカフェの料金は?どこが安いのか?

次に、料金について。

 

まずキラリですが、入会金2,000円、入場料も2,000円、そして退場料(連れ出し料)も2,000円。入会金は素直に安いですね。入場料・連れ出し料は高めに見えますが、入場は1日何度でも、どの店舗でもこのお値段。(=店をはしごできる)

 

モモカフェについては、入会金は新宿店で5,000円、池袋店では無料。そのあとはプランによりますが、終日使えるプランだと5,000円~かかるようです。(ただし、この場合には、連れ出し料金は無料)

 

セリクラについては、入会金4,000円、入室料6,000円が確定でとられ、連れ出し料は1000円とのこと。これは高いですね。他と比較すると「ぼったくり」価格のようにも見えます。(だから、残り1店舗まで追い詰められちゃったのでしょう)

 

料金的には、キラリが一番安いっぽいうえに、現在入会金半額キャンペーン中(2,000円→1,000円)らしいので、おそらくはキラリから入ってみたいと思います。

 

初回使う場合、連れ出せたとすると、キラリが6,000円、モモカフェ5,000~10,000円、セリクラ11,000円ですからね。

 

次回、出会い喫茶体験談!気長に続報を待て!

別に潜入取材する気はないのですが、普通に使ってみたいと思っています。たぶんキラリかな。

 

使ったら報告するつもりですが、さすがにこの季節(寒いの苦手です・・・)なので、年末年始はやらない可能性が高いです。2月~3月になると思いますが、気長にお待ちいただければと思います。
(2018年11月追記:結局2018年は行けませんでした・・・やるやる詐欺ですみません!来年こそは行きたい)

 

それでは、また!

 

ぼっち


こちらの記事も読むと出会いの成功率が安定してきます

注意!(非常に重要なことなので、全記事に書いています)

素人女性を狙う場合、出会い系はすぐに出会えるようになるものではありません。(即効性は風俗の方が優れています)

素人の女の子を彼女やセフレにするなら、最初はうまく行かずとも1か月程度は継続利用し、出会い系に慣れることをおすすめします。

 

出会いがない毎日は、もう終わりにしよう。

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

 

出会い系の実情や攻略テクニック等を知ることは大事ですが、出会い系で最も重要なのは「出会えるサイトを利用すること」です。

サクラだらけの「出会えない系サイト」を使っていては、どんなイケメンでも出会えず、出会いがない毎日を繰り返すことになります。

 

それでは、どのサイトが一番おすすめなのか?

 

残念ながら、それは10年以上出会い系を使い続けている私にも分かりません。

なぜなら、あなたの目的によって使うべき出会い系サイトは異なってくるからです。

 

一番わかりやすい例でいえば、彼女の作り方セフレの作り方は異なり、使うべきサイトも違ってきます。

 

これは適当に申し上げているわけではありません。

私は10年以上の間、「どんな年齢の」「どんな職業の人と」「どのサイトで」出会ったのか、出会い系データベースを作ってきたので、そのデータから分かることを書いています。

 

データベースというと大げさなのですが、このような記録を付けています↓

出会い系 データベース

出会い系データベース

 

話が長くなりましたので、このデータベースから統計的に分かることを端的に述べます。

それは、恋人づくり(真面目な出会い)ならハッピーメール、セフレづくり(エッチ目的)ならPCマックスを使っておけば間違いないという事実です。

 

出会い系を使う目的のほとんどは「恋人が欲しい」か「セフレが欲しい」だと思います。

その場合には、この二つを使っておけば間違いありません。

 

外人狙いならマッチドットコムだとか、一番安く会えるのはイククルだとか、中高年ならラブサーチだとか、例外的に他のサイトのほうが良いときもあるのですが、基本的にはハッピーメールとPCMAXだけで十分です。

 

恋人がほしいのか、セフレが欲しいのか。

この大きな目的によってどちらかを選べば、間違いはありません。

 

ハッピーメールとPCマックスは、退会もすぐにでき、迷惑メール等も来ません。これは10年以上使っているのでお約束できます。(=リスクゼロ

男性は有料(女性は無料)ですが、男性でも会員登録は無料で、登録時にはお試しポイントがもらえるのでしばらく使えます。

 

繰り返しになりますが、

  • 真面目な出会いはハッピーメール
  • エッチな出会いはPCマックス

となります。

 

ぜひ、あなたに合った「きちんと出会える出会い系」をお選びくださいね。